【兵庫県淡路島3】母と親友ちゃんと行く食道楽女子旅・レトロこみちの古民家フレンチLa Ruelle.

イチゴのムース グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、最近ずっと水曜どうでしょうを見ていますアラサーフリーターのmamuです。

前回、林屋鮮魚店で3000円分のお刺身盛り合わせに歓喜して、シーアイガ海月にて楽しい夜を過ごした私たち。

母と親友ちゃんと私の3人が、引き続き食を全力で楽しんだ旅の記録を書いて行く。

時は遡り2020年3月、まだ世間でマスク姿の人を見掛けなかった時代である。

目覚めるとこの日もお天気は良くなかった、残念…。

チェックアウトの10時ギリギリまで朝風呂に入ったりと、ゆっくり過ごしてホテルを後にした。

余談だが、親友ちゃんは本当にチェックアウトギリギリまで眠っていた。

シーアイガ海月さん、ありがとうございました!

オフシーズンの素泊まりにおススメのオーシャンビューホテルと、他府県からもお客さんがやって来るコスパ良しの鮮魚店は前回紹介しているので気になる人はコチラへ。

さて、ギリギリまでゆっくり過ごしていたので車内でお化粧を始める私たち。(笑)

寝起きの緩やかな時間の中で車内は静寂。

車中泊に慣れている面々の手際に狂いは無く無事お化粧は完了した。

そして走り出す車、目的地は淡路島洲本のレトロこみち!

細い道の通りに町家を利用したショップやカフェが集まっている商店街だ。

現地に行ってみると本当に些細で、少し立ち寄るといった感じの雰囲気だった。

看板が出ていなくて何屋さんか分からない店も多くて、ちょっと覗いて見るというスタンスで散策すると楽しいかも。

とは言え雰囲気が『レトロこみち』の名の通りかわいい!

こういった佇まいの建物からお洒落なカフェまで、歩いていて楽しい所だった。

この時の人通りは少なくて静かなものだったけれど、立ち寄りたくなる店がチラホラあった。

女性ならきっと「かわいい」と心躍る通り。

しかし私たちは寄り道せず、時折立ち止まりながらも真っ直ぐに目的地に足を運んだ。

食を楽しむ旅の〆もやはり食事。

楽しい小道もご馳走に続いていると思えば自然とワクワク胸弾む!

この日予約していたのはレトロこみちの中で営む『古民家フレンチLa Ruelle.』。

昨日のランチから更にお値段が上がってひとり¥4500円、私たちにとってはかなりの贅沢ランチとなる。

一体どんなお料理が出てくるのだろう?!と、やはり盛り上がる私たち。

多分私たちが落ち込んでいる時は、美味しい物を与えるのが一番だろうと自分で思う。(笑)

母も親友ちゃんも私も目がキラキラ輝いていた事だろう。

レトロこみちの中にひっそりと建っているこちらの古民家が目的地!

11時30分、オープンと同時に即来店。(笑)

店内は赤のテーブルクロスが印象的な落ち着いた空間だった。

写真は他のお客さんが直ぐに来店されたので撮っていないけど、隠れ家的なお店とはこういう雰囲気のことを言うのかな…という空気が漂っていた。

暗めの照明とレトロなインテリアが素敵だったりもする。

テーブル席に着いた私たちは互いの顔を見合って笑顔を浮かべていた。

もう皆ワクワクと胸高鳴っているのが顔から分かる。

「どんなお料理が出てくるんだろう!」と期待に浮かれていたのだ。

営業時間 11:30~14:00/17:00~23:30

定休日は木曜日だそうだが、予約すると営業して貰えるそうだ。

そしてランチコースは¥4500円を始め

¥6000円・¥8000円・¥12000円

ティナーも同様の値段で提供されている。

ちなみに駐車場は無いので、近隣の有料駐車場に駐車しよう。

余裕で徒歩圏内の距離にあるのでアクセスは問題なかった!

さて、このお店の特徴としてシェフが1人で営んでいる。

そしてこのシェフの方が結構個性的なのだ。

電話での予約の際からぶっきらぼうだったので理解していたが、来店してみると想像以上に寡黙。

例えるなら絶対にウインクとかしないタイプの魔女の宅急便のパン屋の旦那だろうか。

フランスの星付きレストラン数軒で修行後、オーナーシェフとして10年間営業をした後に此方のお店を『La Ruelle.』を開店されたそう。

肩書だけで圧倒される…。

小声でお喋りを弾ませながら待っていると一品目のお料理がやって来た。

この記録は2020年3月の物なので当然この時提供されたメニューとは変わっているだろう。

しかし、もしあなたが訪れる際に「こういった雰囲気のお料理が提供されるのだな」という参考くらいにはなる筈だ。

なので、ここからは私の個人的な過去の感想食レポとなる。

真っ白の器に乗ってやってきたのは、前菜『由良産ヨコワマグロとクスクス、マスの卵のタルタル』!

見た目からスタイリッシュ…!

驚いたのが、こういったコースにありがちなお料理の説明というのが無かった事。

多分シェフの方の個性の関係で省かれているのだろうけど、コース表に細かく説明書きが入っているので大丈夫だ。

『淡路マンモスファームの無農薬野菜をあわせて』と書かれていた。

フレンチを食べに来た、と目から感じる繊細な風貌にドキドキは最高潮。(笑)

赤いテーブルクロスとのコントラストまで美しい。

感想としてまず始めに「不思議な食感!」というのが一番に出て来た。

ツブツブでプチプチした食感だけど、ホロっと崩れるような…。

何に例えるべきか思いつかない不思議食感。

味は私個人の感想として、美味しいというものでは無く「魚感が強い…。」だった。

本当に申し訳ないが、私はマスとその卵が得意な風味ではない。

なので「美味しい!」という感動は感じられなかった…。

このお料理は母、親友ちゃん共に似たような感想だったけど食の好みは十人十色、参考までに「そう感じる人もいるんだな」と思って頂ければ幸い。

一品目はたまたまだ、次に期待を膨らませてやって来たのは二品目の前菜『茹でたてフランスロワール産ホワイトアスパラガス』!

『福良産サクラマスをあわせて』

どうやら私はこの時のメニューと相性が悪かったらしい…。

お店側は何も悪くない、完全に私の好みの問題だ。

お皿の装いから春らしいお料理。

せっかくなのだし…とサクラマスをひと口頂いたけれど、やはり得意では無くサクラマスのみ親友ちゃんに請け負ってもらった。

親友ちゃんは「美味しい!」と頬を緩ませながら食べていた。

これには自分自身の味覚が恨めしかった、不得意でなければその幸せを感じられたのにと思ったのだ。

しかし、ホワイトアスパラはしっかり美味しく頂いた。

丁寧に下準備されているのか歯触りから違う…ちょっと苦くて後味が甘い…。

美味しい!

ここで余談だが、シェフの方がひとりで切り盛りされているのでお料理とお料理の間が結構長い。

盛り付けまで美しい手の込んだお料理なのだから当然だ。

そんな時間も食事を楽しむ時間なのだと楽しく待つ3人。

次いで運ばれてきたのは三品目、お魚料理『由良産サワラのエチュベ』!