【前編】神を斎(いつ)く島・琵琶湖に浮かぶ竹生島が楽しかった過去旅

竹生島の瓦投げの鳥居 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

今年の夏はどこにも行けず、お天気も悪かったので過去の旅を振り返る事にした。

時はまだコロナを知らない平和な時、季節は5月のゴールデンウィークだ。

私たちはちょっとした家族旅行として滋賀県へと向かった。

目的地は琵琶湖に浮かぶ竹生島、神を斎(いつ)く島と呼ばれるパワースポットで、日本遺産にも認定されている何やら凄い島だ。

前乗りで到着した長浜港は綺麗な夕暮れを見せていた。

明日に観光を控えているからか、ちょっぴり切ない雰囲気の淡いコントラストも楽しく見えた事を覚えている。

竹生島を目指せる港は今津港・長浜港の全部で2ヶ所、公式ページはコチラに貼っておく。

旅先で船に乗るというのは、かなりワクワクするイベントだ!

晴天の空はまさに観光日和で、私たちは胸を弾ませながら船へ乗り込んだ。

竹生島到着まで片道30分の船の旅が始まった。

流石日本一大きな湖琵琶湖だ、あっという間に岸辺が見えなくなって辺りはキラキラ光る湖面の景色が広がる。

私と弟は張り切って外の風を浴びて、旅の空気を楽しんでいた。

海だと言われてもすんなり頷いてしまいそうな眩しい湖を船はどんどん進む。

…うん、相変わらず昔から写真が斜め。(笑)

船の中には満員のお客さん、皆一様に楽し気で…この時の活気が懐かしい。

楽しい時間はあっという間で、いつの間にか竹生島の姿はすぐ側に見えた。

島の周囲は約2kmと決して広い島とは言えないが、湖に浮かんでいる島にしては随分大きくて驚いたものだ。

早速上陸!

ここがパワースポット神を斎(いつ)く島、竹生島!

港に到着した参拝客がワイワイと賑やかで、静かだった島に楽し気な雰囲気が広がった。

それは私たち家族も同じで、これから観光が始まるのだとワクワクした事を鮮明に覚えている。

小ぢんまりとした港の光景にゲームの『ぼくのなつやすみ』的な雰囲気を感じながらも、船に暫しの別れ。

今改めて見ると、やっぱり海みたいだなぁ。