【後編】神を斎(いつ)く島・琵琶湖に浮かぶ竹生島が楽しかった過去旅

観音堂天井 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

今回は竹生島観光の後半!

前編にて竹生島の歴史について軽く触れているので、前回にお目通し頂けるとより楽しんで頂けるかも。

一応、前編はコチラ

家族4人で竹生島へ行ったのは、コロナなんてない平和な時代。

長浜港から船に揺られて30分、琵琶湖に浮かぶパワースポットの島は歴史と絶景のある所だった。

名物の瓦投げを賑やかに終えて、次に目指すは都久夫須麻神社の本殿!

瓦投げが出来る竜神拝所の向かい側である。

都久夫須麻神社について簡単にご紹介すると、豊臣秀吉が当時の天皇の為に伏見城内に一度作った建築物『日暮御殿』を神殿としてこの竹生島に寄贈した物なのだそうだ。

めちゃくちゃ見えにくいけれど、豊臣家の家紋が入っているのが何よりの証拠。

…いや、何なら見えないな…本当に申し訳ない。

ご興味のある方は是非ご自身の目で確かめて欲しい。

と言う訳で、神殿となった都久夫須麻神社は現在、弁財天様と龍神様と産土神様の三柱を祭神している神殿となっている。

私たち家族も粛々と参拝。

次いで、宝厳寺の本堂を目指すのだが、ここで竹生島の見所ポイント!

国の重要文化財に指定されている鮒櫓(ふなやぐら)から作られた舟廊下だ。

豊臣秀吉の御座船日本丸の一部を利用して建てられている、桃山時代の建築方式を現在に残す貴重なスポットなのである。

ここからが、宝厳寺の敷地。

私たちが訪れた際は修繕工事中で、ブルーシート等がチラホラ掛かっていたのだが、歴史的に貴重な物を後世に残すためには大切な事だと楽しく散策。

天井を見上げながらどこが日本丸の材料なんだろう、と思いを馳せるだけでロマンを感じた。

2020年春に修繕工事は無事終了したそうなので、現在はこの時よりずっと重厚な姿が見られるだろう。

本来舟廊下を渡りきると国宝の唐門・重要文化財の観音堂が見えるのだが、この時は外観の修繕工事中で壮観な姿を目にする事は出来なかった。

参考として権利フリーの画像も探してみたけれど、どれも魅力を伝えるのは不十分だったので私が訪れた際に見る事が出来た鮮やかな天井部分だけでも…。(笑)

鮮やかな色味と繊細な柄が何とも華やかだ。

きっと修繕が完了したら一際華やかで目を引く御堂になるのだろう。

いつか親友ちゃんと訪れる際は、是非美しい姿を見たいと思っている。

いつになるかは分からないけど、今から次回の訪問が楽しみ!

参道の道中にはご立派でカッコいい不動明王さんの姿も。