【後編】小人が住んでいそうなミニチュアの世界を覗いて来た

コンセントと小さな駅 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちはアラサーフリーターのmamuです。

前回、私含めミニチュア愛好家の皆様が感動する事間違いなしの『ちいさなひみつのせかい』展へ行った感想前編を綴ったが、このミニチュアの魅力が満載の展示会はまだまだ見所が沢山あるのだ。

先に申し上げると、この記事にあなたがお目通ししているという事は大阪での開催期間が過ぎたという事だ。

私自身が開催期間ギリギリに滑り込んだのである…。

だが、この展示会は次に愛知県・来年には新潟県へと展開して行く。

大阪にお住いの民には本当に申し訳ないが、日本中にいるミニチュア好きさんが展示会へ行ければ良いなと書くことにした。

全ての展示を見せてしまうと野暮なので、少しずつ掻い摘みながらも小さな世界の魅力が伝われば本当に嬉しい。

『こびとの旅館』

実寸大のコンセントの横に見える旅館の風景。

このスペースを正確に何と呼ぶか分からないけれど、旅館のあのちょっとしたスペースめっちゃ好き。

説明書きには『誰の記憶にもあるような景色を詰め込んだ作品』と書かれていた。

確かに皆何処かしらの旅先を思い出す作品だろう。

奥に見える畳は実寸大なのに馴染んでしまうのだからめっちゃ凄い。

遊んでいる途中のトランプ、飲みかけのグラス全てが小さいのにそれだけ精巧なのだ。

裏側から見られるのもめっちゃ嬉しい!

続いて同じ和室の作品『こびとの床の間』

この写真だと暗くて分かり辛いのだが、陶器のお皿みたいにさり気なく飾られているのがボタンという所が素敵。

こびとが部屋の中で偶然拾ったのかな~とか想像するとワクワクした。

温かみのある雰囲気の作品もあれば、少し無機質で近代的な作品もあった。

もう何だろう、どれを見ても私が小人ならここに入ってみたい!と終始思った。

『こびとのエレベーター』

注目すべきはエレベーターの中に貼られた貼紙と防犯カメラ!

もう全てがエレベーターまんま過ぎる!!

普段なら注目もせずに使っているエレベーターも小さくなる