【女子車中泊旅】群馬県旅最後の朝 無料共同浴場で熱い温泉を堪能する!!

草津温泉地蔵の湯 日本旅
スポンサーリンク

2023年5月、大阪を出発したのは22時を過ぎた頃……群馬県を目指して片道7時間30分のドライブが始まった。

これはルームシェア相手の親友ちゃんと車中泊で旅するのが趣味の私が、移動も合わせて5泊6日で群馬県を堪能した旅の記録である!

群馬県旅5日目最終日を迎えた私達は名残惜しさに朝から草津温泉街に繰り出した。

一応前回の様子はコチラ

スポンサーリンク

朝の湯畑

昨日の雨が嘘のような晴天で、湯畑はまた夜とは違う姿を見せていた。

朝の草津湯畑

湯畑についてふんわり解説すると、草津温泉街の中心にある湯の花採取場だ。

源泉を木製の長桶に流して、滞積した湯の花を年に数回採取しているのだとか。

その他にも熱々源泉の温度を調節する役割もあるのだそう。

つまり湯畑が無ければ草津の温泉はもっと熱々という事になる……最早人間が触れられる温度では無いだろう。

草津温泉湯畑

端から流れる温泉成分で緑に変色している所が沢山ある。

これは強い酸性だからなのだろうか……常に感じる硫黄の香りから硫黄成分もたっぷりだろうし、どちらが作用しているのかは不明だが不思議な光景だ。

何より湯畑を中心に賑わっている雰囲気が最高だ。

草津温泉湯畑

そう言えば、草津の源泉はその強酸性から殺菌力がハチャメチャに強いらしい。

湯畑の周りには足湯や手湯があって、気軽に温泉を楽しめるのでアルコール除菌代わりに手湯を楽しんだり出来る。

他にも草津温泉には無料の共同浴場が3軒あって、その3軒は観光客でも利用可能だ!

駐車場のおじさんに熱湯初心者でも入りやすいよ!と地蔵の湯をオススメ頂いたので、私達は早速贅沢な朝風呂に出発した。

地蔵の湯

湯畑から徒歩約5分くらい細い坂道を進むのだが、本当に道が合っているのか不安になる道であった。

方向音痴な私達は終始GoogleMapに頼っていたが、不安で何度も立ち止まり進んでは戻ったり……途中よく見ると地面に「↑地蔵の湯○m」と書いているのを発見した。

「坂道キツ過ぎて地面なんか見てへんわ……」とは息も絶え絶えな親友ちゃんの台詞である。

本気で見付け辛いのでよく見ておこう!(笑)

そんな訳で迷子になりながら到着した地蔵の湯がこちら!

草津温泉地蔵の湯

源泉掛け流しで泉質もめちゃくちゃ良く、その上源泉が目の前なので鮮度も抜群!

地蔵の湯源泉

約100軒はある草津のお宿の中でもたった4軒の宿でしか堪能出来ないレアな源泉、それが地蔵源泉なのだそう。

それを無料で楽しめるなんて凄い贅沢!早速お邪魔します!

無料の公衆浴場なのでシャンプーやボディソープ、タオルのレンタルは無い、と言うか洗い場が無く湯船がだけがある。

更に脱衣所は湯船の目の前にあって、ロッカーには扉すら無いめちゃくちゃシンプルな造りだ。

なので貴重品の持ち込みは控えるべきだが、湯船からロッカーが丸見えなので公衆浴場の中でも安心感は高いかも。

中に入って私達のテンションは爆上がりした。

無料の公衆浴場もこの雰囲気なのか……!

合わせ湯とはまた雰囲気が違うけれど、木目の優しい味のある雰囲気……大好き!

…………とは言え、常識的に内部をお見せ出来ない……ので描いてみた。

え?と思われたかもしれないが、以下私の下手くそな絵を載せる。

とにかく木目なんだと伝わればそれでいい!!とスマホに指で5分くらいで描いた小学生クオリティー。

地蔵の湯内部イラスト

はい、誰が何と言ってもこれが地蔵の湯!やはり雰囲気が素晴らしいな!!!(ゴリ押し)

……最初に桶で掛け湯をしていざ!

…………熱っっ………。

初心者にオススメ………????

私達は掛け湯の時点で目を見合わせていた、2人共に思ったのは話が違うという事だ。

いや、入れない事は無い!けれど……十分熱かった。

恐るべし草津の熱湯……これで初心者向けなのかと圧倒された。

調べてみると女湯の温度は43〜44度くらい、男湯は43〜46度と更に熱い様子……男性の皆さん心して浸かりましょう!(笑)

泉質は酸性•含硫黄-アルミニウム-硫酸塩•塩化物温泉で草津源泉の中では酸性が比較的弱く刺激が少ない優しい泉質だそう。

しかしながら酸性ではあるので、入浴するだけで綺麗になる殺菌力は健在だ。

肌触りはしっとりヌルヌル、確かに大滝乃湯より優しい感じがする。

無色透明と記載されていたが私達が訪れた際は、しっかり白濁湯という印象。

肩までしっかり浸かって天井を見上げれば、独特の木の温もり、硫黄の香りに包まれて本当に癒やされた……。

暫く浸かっていると熱さにも慣れてただただ極楽……貸し切りだったし、朝から最高の贅沢を私達はゆっくりと堪能した。

……と言うかこれが無料って正気か?!と疑う素晴らしさであった。

素敵な温泉をありがとうございました……お邪魔しました!!

この地蔵の湯を始め草津にある共同湯は地元の人達が昔から日常的に親しみ管理しているお風呂であり、観光客の私達はお邪魔させて頂いているので入浴のルールがある。

1.浴場周辺に無断駐車、路上駐車をしない
2.飲酒後の入浴禁止
3.施設に寝泊りしたり仮眠したりしない、騒音等を発生させたり騒いだりしない、
4.備品持ち出し禁止、使ったら綺麗に整理する
5.飲食禁止
6.他人への迷惑行為禁止

他にも共同浴場にはマナーがあり、入退室時は他の方にご挨拶を忘れずに。

掛け湯の時はお湯が飛び散らないよう座って、脱衣所の床を濡らさないように、濡らした場合は清掃してね!との暗黙ルールもある。

地元の方のご迷惑にならないように気を付けて温泉を楽しもう!

私達は、すっかり身体の芯まで温もってポカポカなのでスルーしたが地蔵の湯の目の前には足湯や顔湯なる物もある。