【ダイソー】簡単自由研究!手で掴めて光る水を作ったら笑った

ダイソーの光る水実験キットパッケージ 日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

先日ダイソーでお家時間を楽しめそうなグッズを発見したので早速紹介する事にした。

『光るつかめる水をつくろう!』という好奇心擽るパッケージの実験キット、『おうちで学ぼう』と書かれている所を見ると自宅で簡易に実験が出来るキットなのだろう…嬉々として購入!

まだまだ自宅で過ごす時間が続く昨今、お子さんは勿論大人も楽しめる物だったら最高ではないか。

スポンサーリンク

光るつかめる水キット内容物

早速箱を開いてみると、中に入っていたのは、

・アルギン酸ナトリウム

・乳酸カルシウム

・蓄光パウダー

・スポイト

そして、実験の手順と解説が書かれた紙が入っていた。

しかしながら、このキットだけ購入してしまえば直ぐに実験が出来る訳では無く自宅で準備する物もある。

【自宅で準備する物】

・500mlペットボトル 2本

・軽量カップ

・ボウル 2個

・あみじゃくし

私たちは、この実験の為にペットボトルのお茶を久々に購入した。

書いている今になって、キット本体より費用が掛かっていた事に気が付いた。

そして、作ってみて思ったのだがこの時用意するのは別にペットボトルじゃなくても構わないと思う。

タンブラーとか小さめの水筒とかで代用可能だ!

別に全然良いんだけど…もっと早く気が付いていれば良かったと少し思っている。

実験手順

さて、早速実験開始!以下実験手順の工程は太文字で記載します!

ペットボトルにぬるま湯(40℃)を300ml入れて、そこにアルギン酸ナトリウムを加える。

後は、アルギン酸ナトリウムが溶けて混ざるまで約10分間ペットボトルを振りまくる!

それにしても、アルギン酸ナトリウムは説明書に記載の通り水に溶けにくいので約10分間振り続けても少しダマが漂っていたので結局13分くらい振っていた。

これは余談だが、ルームシェア相手の親友ちゃんと交互にペットボトルを振っていたのだが「最初は1分交代で!」なんて話していたのに後半は、何故か爆