老朽化を理由にマンションを強制立ち退きになったアラサー2019年冬の話・引っ越しのススメ

日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、まだコタツ布団をしまいたくないアラサーフリーターmamuです。

今回は2019年の出来事、住んでいたマンションを強制退去になった過去の出来事をブログに残そうと思う。

2018年06月、私は大の仲良し親友ちゃんとルームシェアを開始した。

両親共に私たちのしたい事を優先してくれる自由な家庭で、事はトントン拍子に進んだ。

スポンサーリンク

強制退去の知らせを受けるまで

そうして始まった新生活。

マンションと呼ぶには違和感を覚える程の味のある外観。

しかしレトロ好きな私としては、そこが気に入ったのだ。

室内も古めかしく決して綺麗だとは言えない。

点検に来た何かの業者の声が外廊下から聞こえた時、「こんなボロイ所どんな奴が住むねん」なんて言われていたくらいだ。

しかし、そんな事はどうでも良いと思えるくらい、私はその古びた雰囲気に魅力を感じていた。

…だが、”好き”というのと”住む”というのは話がまるで違う。

玄関扉は結構薄い木造、鍵は内側からポチっと押し込むタイプの「古いトイレかな?」みたいなセキュリティーの低さ。

ユニットバスの排水溝は頻繁に詰まって、ここに住んでいる約1年間でパイプクリーナーを10本以上空けた。

排水溝が詰まるとどうなるかと言うとユニットバスの床一面が水浸しになり、それが室内に溢れて傾いた床を流れて玄関から外へ…。

玄関扉や窓の網戸は傾いて隙間だらけで、引っ越した当初は隙間を埋める事に躍起になっていた。

本人が気に入っているというのとは別で、生活していると様々な弊害が生じてしまうのだ。

このマンションは部屋数も少なく小規模で、生活習慣の違う海外の住人が沢山住んでいた。

日本育ちの方より海外の住人の方が実質多かったくらいだ。

勿論生活習慣や生ごみの処理方法も変わってくる。

その結果なのか古さも重なって、夏場には見た事の無いサイズ感の巨大ゴキブリが大量に出没する。

夏場は外壁に男性の親指レベルのサイズ感のゴキブリが、毎晩平均3匹は止まっていた。

もうゴキブリ研究員とかが住む場所だろう。

しかも室内にも堂々と侵入し、自在に宙を舞う。

この時の奮闘記も、いつかブログに綴りたいと思っている。

ここまで生活の不便さを書いてきたが、それでも私はこの家が好きだった。

西日が差し込んでポカポカして、日当たりが本当に良かったし。

マンション玄関には椿の花が咲いて、季節になれば本当に綺麗だった事を覚えている。

住み辛さを感じながらも、引っ越す事は全く考えていなかった。

そんなある日、チャイムが鳴った。

身に覚えが無く警戒しながらも、開いた扉の向こうに立っていたのは管理会社を名乗る人物だった。

頭に疑問符を浮かべながらも名刺を受け取り、何事かと話を聞くと「老朽化が激しいので取り壊しになります。」と言われて頭が真っ白になった。

手渡されたのは1枚の紙、【住民の皆様へのお願い】。

そこにははっきりと大家さんの名前が記載され、老朽化を理由にマンションを取り壊す旨、そして速やかに退居して欲しいとの旨が書かれていた。

管理会社の方は続ける「ちなみに引っ越し先の物件とか決まってたりします?」。

唐突に退居せよと言われたばかりで他の物件なんて決まっている訳が無い。

私は辛うじて「いえ…」と答えて話は終わった。

「??????…?!」

この衝撃は冷蔵庫を開けたらスニーカーが入っていたくらいの驚きである。

未だ整理の付かないまま親友ちゃんに電話をかけた。

話を聞いた親友ちゃんは大爆笑だった…。

『えぇ!?家潰されんの?!』と大爆笑。

私もだんだん笑いが込み上げたのを覚えている。

人間本当に驚くと、とりあえず笑うらしい。

「私が住んでるマンション取り壊されんねん」はこの時期ハチャメチャにウケるネタとなった。

強制退去に向けての行動開始・内見のワンポイント

衝撃的な通告を受けてから最初に起こした行動は管理会社への問い合わせだった。

管理会社の人から通告されて1時間後くらいだったと思う。

爆笑から一変、至極冷静になっていた。

入居して2年にも満たず大きな出費は、私たちにとって死活問題だ。

こちら都合の引っ越しでは無く、マンションが取り壊されてしまうから引っ越してくれ!という強制退去。

お知らせの紙には【協力金】の文字があった。

この協力金、貰えるなら非常に有難い。

そこで、協力金を得るのに条件はあるのか、実質いくらなのかをハッキリさせておく必要があった。

返答は箇条書きにするが、

・早期退居の場合のみ協力金を出す。

・早期で退居しない場合は協力金無し。

・この時点では大家と管理会社