【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録4日目

廃屋の話を聞く様子 ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

今回はPS2ぼくのなつやすみ2の不定期記録の4日目。

時は昭和50年の8月、都会っ子のボクくんが親戚のおじさん一家が営む民宿に預けられた事から物語は始まる。

海と自然が美しい富海(ふみ)の島で過ごす夏休みは、虫取りに虫相撲・釣りに海中を自在に泳いだりと盛り沢山。

どんな思い出が残るのかは全てが自分次第である。

ちなみに前回の記録はコチラにお目通し頂けると幸い。

スポンサーリンク

4日目 靖子姉ちゃんと洋兄ちゃん

前日に夜更かしし過ぎてしまい、朝寝坊してしまったボクくんは朝のラジオ体操に出られなかった。

ごめんなボクくん、アラサーにもなってタイムスケジュールを管理し切れていない私のせいで…とは思うけど特にペナルティーがある訳じゃ無いので本当は全く気にしていない。

さて、場面は食堂での朝食から。

おじちゃん一家のボリューム満点朝ごはんが済んだタイミングで光ちゃんがやって来た。

どうやらアイスを買いに来たらしい、元気でかわいい声が食堂に響いた。

この富海の島には光ちゃんくらいの年頃の女の子が他にいないから、少し寂しそうだなと思っていたけど元気そうで何より。

暑い夏に食べるアイスは格別やんな~なんて思っていると、おじちゃんが「うちにも女の子がいたらいいと思わねぇか?」と。

タケシとシゲルの男の子兄弟もやんちゃでかわいいと思うけど、おじちゃん一家に女の子がいたらまた違った雰囲気になるんだろうな。

とは言え、お兄ちゃん達に遊びを教わってかなり活発ガールに成長しそうだ。

私は週末の度に自然豊かな場所に連れて行って貰っていたので、都会育ちながら木登りとかが得意だった。

平気でカエルやトカゲを捕まえるタイプの野性味強い系に成長したので、おじちゃん一家に娘が生まれたら私みたいなタイプに成長するに一票入れよう…。

話を戻して、おじちゃん一家の話題の主役になった光ちゃんは、胸を張っていて見るからに嬉しそうでかわいい。(笑)

その光ちゃんの嬉しそうな様子に口を開いたのは同級生のシゲル。

「だってこいつ猫飼ってるんだよ!」と謎の反撃。

シゲル、何の反撃にもなってないで!(小声)

しかし、光ちゃんは猫を飼っているのか、動物好きアラサーにっこり。

ちなみに光ちゃん家にはケン坊という大きな犬もいる。

動物好き少女なのだろう、仲良くなれそうだ…なんて考えているとタケシが「それを言うなら猫しょってるだろ!」と言い出した。

…おや、これは雲行きが怪しい。

そしてここに来ておばちゃんの渾身の一撃。

「それを言うなら猫をかぶるでしょ!」

息子たちの言い間違いを正すつもりで発言したそれが光ちゃんに刺さってしまったのだ。

おばちゃんは別に光ちゃんを傷付けるつもりは無かった様子だけど、靖子姉ちゃんがやって来る頃には光ちゃんはアイスも買わずに出て行ってしまった。

こういう意図せずというのは現実でもあったりするので、私も気を付けたい。

人の振り見て我が振り直せと言うのをゲームの世界で噛み締める。

外に出ると光ちゃんはうずくまっていて、すっかり拗ねてしまっていた。

そして、そんな妹を気に掛ける様子も無く、いつもの明るい調子で光ちゃんの紹介をする靖子姉ちゃん。

「うちの妹、光って言うんだよろしくね!」

何とも