【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録9日目

ぼくのなつやすみ2 9日目プレイ画面 ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

PS2のゲーム『ぼくのなつやすみ2海の冒険篇』をプレイする不定期記録、始めた頃はまだ5月だったのに遂に11月になってしまった…。

しかしながら、テレビに映るゲーム画面は真っ青な真夏の空を映している。

舞台は瀬戸内海に浮かぶ富海(ふみ)の町、民宿を営むおじちゃんの家に夏休みの間預けられる主人公の少年ボクくんと共に幼い頃の懐かしさを追体験しようという試みだ。

時は昭和50年8月、ノスタルジックな魅力が詰まった風景の中で個性的な登場キャラクターと送るひと夏の思い出。

さて、今日も冒険へ出発!

一応、前回の様子はコチラ

スポンサーリンク

8月9日 新たな冒険へ!

この日も朝からラジオ体操を済ませて、食堂にておじちゃん一家と朝食。

…と、その前におじちゃんから嬉しいご報告が。

そう言えば前日である8日に嵐で流れてしまった橋を掛け直しておくと話していたが、その橋が完成したらしい。

おじちゃん仕事が早い!!

タケシ「よし、じゃあ 今日はみんなで奥沢探検だ!」

嬉しそうに弾むタケシの声があまりに無邪気で、ボクくんに憑依する私までワクワクしてしまった(笑)

一斉にはしゃぐ兄弟を静かに見ていたボクくんにも『勿論一緒に行くでしょ?』みたいな雰囲気でタケシが話しかけてくれて兄弟たちと「オ~!」と声を上げるボクくん。

子供たちの大はしゃぎで食堂はいつもに増して明るい空気だ。

ボクくんが富海にやって来て9日目、シゲルは時折好戦的ながら随分と仲良くなったんだなとしみじみ。

タケシ・シゲル兄弟との待ち合わせ場所はまさかの現地集合だったので、朝食終了後さっそく奥沢へ出発!

道中アサガオに水遣りをしながらも、快晴の空の下を駆けて奥沢へ。

奥沢への入り口でおじちゃんが待ってくれていた。

…橋に使う筈だった木材が向こう岸へ届かないって言っていたけど、一体どうやって橋を完成させたんだろう?

「さ!ボクちゃん渡ってみな」

いつもの如く優しく豪快な声色から、おじちゃんは自信満々なご様子。

橋を見たボクくんの感想「不思議なマークの入った丸太橋だね」

おじちゃん曰く『安全第一