【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録3日目

釣りをしているところ ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、今回は不定期『ぼくのなつやすみ2』の3日目プレイ記録。

自粛期間の延長によりまだまだ引きこもり生活を続けている。

自然不足を補う為に青い海と緑が美しい富海(ふみ)の島で元気に走り回るボクくんを通してひと夏の思い出を疑似体験しようという趣旨だ。

時は昭和50年8月、おじちゃん夫婦が営む民宿から9歳の少年の冒険は始まる。

スポンサーリンク

8月3日 冒険の海へ

朝の始まりは変わらず公園でラジオ体操。

おじちゃん一家との朝食も済んで、すっかり大きな声で「いただきます」を言えるようになったボクくん。

子供の順応力の高さには目を見張るものがある。

成長の中で様々な事を感じ、吸収しているのだろう。

私はすっかり大人だけどボクくんの順応力を見習いたいものだ。

今日の天気も快晴、やはり食堂から見えるこの景色は最高だな…私もこの食堂で是非食事をしてみたい。

きっと心地良い気分になるだろう。

さて、今日は何をしようかな…絶対にしなければいけない事が無い自由なゲームの中で自分のしたい事を考えるのは楽しい。

とりあえず光ちゃんに占って貰って、おススメの場所でも聞いてみようかな。

このゲームの中で光ちゃんの占いは百発百中なのだ、将来占い師になった方が良いとボクくんに憑依しているアラサーは思う。

昨日立ち寄った公園に光ちゃんは座っていた。

この島に光ちゃん以外の女の子もいないし、少し寂しそう。

ボクくんは男の子だけど、この夏休みの間光ちゃんにも楽しい思い出が出来る事を願って話しかけてみたのだが、普通に占いを勧められた。

いや、占って貰おうと思っていたし有難いんだけどお喋りを期待していた私は少し寂しかった。

占い結果を全て聞き、順に全て回る事にした。

私はこのゲームの中で人間関係を重視しているので、出来る限り沢山の人と話そうと意気込みながら公園を出発。

とりあえず診療所に遊びに行こうかなぁ…と思っていると靖子姉ちゃんが家の外に座って読書していた。

良いなぁ~私も風を感じながら読書とかしてみたい。

私がこれをしようと思ったら全く景観も良くない共用スペースの廊下で読書する事になるので実践はしないけど、この島に住んでいたなら多分かなりの頻度で野外読書を楽しむだろう。

早速話しかけてみると靖子姉ちゃんは「可能な限り猫の視点の高さに近付いて本を読んでたんだ」と。

「猫の本なの?」

「んーん、ネズミの本!」との事。

なるほど…靖子姉ちゃんは感受性が豊かな子なのだろうなぁと思っていると。

「そろそろ中に戻ろうかな…ボクくんも一緒においでよ」とお誘い頂いた。

お邪魔しまーす。

「ここって中々素敵な場所だね」

おぉ、靖子姉ちゃんのお部屋は9歳の少年にも刺さるのか!

いいよね、私も素敵だと思う。

もしかしたら変わった構造だし、ボクくんも好奇心を擽られるのかも。

靖子