【新定番】本場アメリカのハンバーガーの作り方が簡単で美味しかった!

半分に切ったハンバーガー お料理
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

先日何気なくYouTubeを見ていて発見した動画の内容に私の腹の虫が盛大に鳴った。

チャンネル名は『Kevin’s English Room/掛山ケビ志郎』、日本歴10年以上で日本語が堪能なアメリカで生まれ育ったアメリカ人のケビンと大学時代からの友人たち2人とのチャンネルだ。

3人の仲良さげな掛け合いは面白くもほっこりとして、私は日頃から動画の更新を楽しみにしていた。

そんな彼らのチャンネルで過去に更新されていた動画がたまたま目に付いたのである。

そのタイトルは”【ウマすぎ】アメリカ育ちが雑に教えるハンバーガーの作り方”!

何とも魅力的なタイトル通り、ケビンが雑に本場アメリカのハンバーガーの作り方を教えてくれるという内容である。

見てみるとその工程の簡単さ、美味しそうなリアクションに食欲が爆発したのだ。

と言う訳で、今回はYouTube動画を参考にハンバーガーを作ってみた感想まとめである。

実際に作ってみて、材料を揃えるのも手順も簡単でめっちゃ美味しかったのでお試しあれ!

スポンサーリンク

材料

・バンズ(無ければ食パンで可)
・合い挽き肉
・サニーレタス
・とろけるチーズ
・マヨネーズ
・ケチャップ
・マスタード

参考写真にはトマトも写っているが、申し訳ないが出番はない!

先入観で並べていたみたいだ。

と言う訳で、これ以降トマトについては無きものとして扱います。

作り方

・マヨネーズとケチャップとマスタードを混ぜる

分量の目安として一番多いマヨネーズはこんなもん。

尚後程参照にURLを貼っておくが、本家動画内でもソースの分量は明記されていない。

タイトルに書かれていた通りざっくりとした雑な説明が繰り出されるので、私も見様見真似でこんなもんかなって感じである。

次にケチャップをマヨネーズの半分くらい!

次にティースプーン2杯分くらいのマスタードを投入。

マヨネーズ多めのオーロラソース、マスタード入りと考えると良いだろう。

ハンバーガーの味付けはこれでほぼ終わりなので、味見して好きに分量を整えるとOK。

混ぜたらソースは完成だ!

・サニーレタスの根元を千切ってバンズか食パンの大きさに合わせて2、3枚準備

サニーレタスの枚数は、作りたいハンバーガーの数に比例するのでその辺はお好みで。

・とろけるチーズを予めフィルムから剥がしておく

焼いている挽肉にそのまま乗せるので、事前にフィルムから剥がしておくと工程がスムーズに進むとの事だった。

・挽肉を1個につき100g程度を目安に団子状に丸める

私たちが購入した挽肉は300g程だったので、ざっくり3等分にして丸めた。

大きさの比較はMサイズたまご。

挽肉は何とも混ぜることなく、おにぎりを握るみたいに握り丸めるのがポイント。

ギュッとし過ぎても駄目だし、やんわり丸めすぎても平らにした時少し崩れてしまうのでこの工程が一番難しいかも。

・丸めた挽肉にまんべんなく塩、コショウを振る

動画では塩とブラックペッパーを使用していたが、私たちは塩コショウを使う事にした。

焼く工程で味が薄まるので塩コショウは結構たっぷり目に振って、別面にも振りかけコロコロと転がすと良い感じになった。

・フライパンに油をしき、丸めた挽肉を中央に置いてからヘラやフライ返しで平たく潰す

火は中火。

薄さの目安はマクドナルドのお肉くらい、容赦なく平らに潰そう。

ちなみにこの時は握り方が甘く、若干崩れてしまった。

余談として、百均で購入したフライ返しがグニャっと変形したが、反対側から圧をかけて修正した。

まだまだ活躍してもらうぞ…?

・余分な油をキッチンペーパーで吸い、挽肉の淵が焼けてきたらひっくり返し時

見本に作ったくせにポロポロで申し訳ないが、淵が焼けて茶色になってきたらひっくり返し時だ。