【DIY】ダンボールとアルミシートで作るサンシェードの作り方!

完成したダンボールサンシェード 日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

以前私達が見た目マイナス100点の下手くそな車用網戸を作成したのはご存知だろうか。

別に知らねぇという人も、あれは笑ったという人もいるかもしれないが、今回はそんな私達がダンボールとアルミシートでサンシェードを作たのだ。

しかも材料はほぼセリアで揃う!!

購入すると高いサンシェードが安価で手に入るのである!

一応網戸の作り方はコチラ

スポンサーリンク

材料

1.ダンボール窓枚数分

アルミロールシート

2.100均のアルミシート

3.幅広で強力な両面テープ

カラーベルト

4.100均のDIY用鞄の取っ手みたいなやつ(カラーベルト)

5.白いガムテープ

6.新聞紙

以上!

ここではアルミシートの枚数やカラーベストの個数等記載していないのは、あなたがサンシェードを作りたい窓の枚数によって変わってくるからである。

窓の面積を考慮して自分の作りたいサンシェードに足る量を用意しよう!

作り方

…………ただ、私達とて前回の網戸の悲劇を忘れた訳では無い。

たっぷり時間を掛けてゴミを錬成した時には疲れ果ててしまって何とも言えない気持ちになってしまったものだ……。

という訳で!今回は、手先の器用さに定評のある我が両親全面協力の元作成した!!謂わば私達が使える最大級のチート召喚!!

私の両親は共に手先が器用、弟も器用、何故私だけ……?とは思うがきっと別の所に秘めし技能があるのだろう……。

さて、最初に新聞紙を窓に当てがい型を取り、その型よりも一回り大き目にダンボールを切る。

この時は然程正確さを重視し過ぎず、ダンボールを新聞紙型より大き目に切るのがポイントだ。

次いでざっくり切ったダンボールを直接窓に当て鉛筆で印を付ける。

ここからが微調整、ダンボールがすっぽりハマる為に窓より小さくなり過ぎないように気を付けよう!

窓より大き目に切り出したダンボールを再度窓に当て鉛筆で型どり、また窓より大き目に切り出し……これを繰り返す内にダンボールが窓にピッタリハマる瞬間がやって来る。

次の工程はダンボールに両面テープを貼り付ける作業だ。

そして、ここで登場するのがカラーベルト!

サンシェードを取り付けた際に窓ガラス側に接する面にカラーベルトを両面テープで貼り付ける。