【小説】「妖怪アパートの幽雅な日常」妖怪と人間が住まうアパートが大好き過ぎて年1で読み返しているアラサー

日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、ご時世的に大半引きこもっているアラサーフリーターのmamuです。

今日は私が愛して止まない小説、妖怪アパートの幽雅な日常を紹介したいと思う。

妖怪・幽霊…そんなものは存在しないと言わずに聞いて欲しい。

ジャンルは現代ファンタジー、児童書に分類される。

しかしその内容は子供から大人まで、読む年代によって感じ方が変わる不思議な作品なのだ。

児童書故に活字に不慣れでもスラスラ読めてしまう。

2003年に講談社から発売されたこの作品、出会いは学校の図書室だった。

当時から読書好きだった私は、内容も知らずにそのタイトルに惹かれた事を鮮明に覚えている。

”妖怪”…子供時代の私にとってこれ程、怪し気でくすぐられるものは無かった。

更に、「幽雅」と当て字された部分と独特なイラストにも惹かれて、即刻借りる事にした。

これが私とこの作品との出会いである。

スポンサーリンク

あらすじ

主人公、稲葉夕士(いなばゆうし)中学一年生の春の事、交通事故で両親をいっぺんに失ってしまった。

本当に突然の事だった。

その後、叔父叔母夫婦の元へ引き取られるも、そこには歳の近い従妹がいた。

この従妹からは冷ややかな視線を浴びせられ、無視をされる。

また、叔父叔母夫婦は夕士を腫物のように扱う。

夕士は迷惑をかけている負い目、生活の負担、従妹への気遣い等で息苦しさを感じたまま成長し、中学三年生。

この頃には夕士はすっかり心を武装して「早く大人にならなければ」と考えるようになっていた。

この生活からの脱出、そして両親に顔向けしたいという思いから一人立ちする事を決意。

目指したのは商業高校。

高卒での就職率が高いと有名であり、尚且つ全寮制だったのだ。

春にはこの家を出て行ける。

夕士は叔父叔母夫婦を嫌っていた訳ではないが、息苦しさから脱出したかった。

しかし見事合格を勝ち取った二日後、新生活に胸弾ませていた夕士の目に飛び込んだのは、入寮する筈だった寮が全焼してしまうというニュースだった。

絶望の淵で何件も不動産会社を巡るも入居できる部屋は見付からず、とうとう公園のベンチに座り込んでしまう。

途方に暮れてうつむいた夕士に「あの店へ行ってみなよ。いい部屋がきっとあるよ。」と子供の声が。

しかし顔を上げた先に子供は居らず、見えたのは古びた『前田不動産』だった。

藁にも縋る思いで扉を開いた夕士。

前田のおじさんは夕士の境遇に同情し、ひとつの部屋を紹介してくれた。

駅から徒歩10分・トイレ風呂は共同だが、家賃・光熱費・水道代・賄い付きで二万五千円の寿荘。

美味しい話には裏がある。

「出るんだコレ(オバケ)が」前田のおじさんは言った。

夕士は予想外の発言に若干の疑念を抱くものの、ありがたくその部屋を紹介してもらう事にした。

そこが本当に妖怪・幽霊なんでも出てしまう妖怪アパートだとも知らずに、不思議な日常に足を踏み入れてしまうのだ…。

魅力的な登場人物

この作品の魅力は何と言っても個性豊かな登場人物である。

落書きのような顔をしているのに、エログロ作品を生み出し熱狂的なファンを持つ詩人。

除霊師見習いの大食い女子高生。

旅好きで喧嘩上等の画家。

異次元の物まで扱う骨董品屋。

魔法や怨念が籠った本まで取り扱う古本屋。

年齢不詳の美男子霊能者。

妖怪アパートに住む住人は、人間だけでも実にバラエティーに富んでいる。

しかしそれだけでは無い。

かわいい仕草で癒してくれる幼児と犬は幽霊だし、豪快に裸も見せてしまうオッサン美女も幽霊。

やっと普通のサラリーマンに出会えたと思ったら、人間に憧れて社会に溶け込む妖怪だったりする。

そして何より、主人公の稲葉夕士。

この物語は夕士の成長物語なのだ。

『早く大人になりたい』そう考えて今まで必死に生きて来た主人公が人生の先輩から、はたまた妖怪や幽霊から様々な事を学ぶ。

例えば、作品の一場面にこんなのがある。

夕士の事を『家族がいなくて一人暮らしのかわいそうな少年』『独りぼっちでやけになって非行に走るかも』と決めつけて、辞書を譲ってきたり凹んでもいないのに励まして来たりする人物が登場する。

これに夕士は違和感を抱き、アパートの大人たちにその事を相談すると「不器用なんだよ。真面目なだけにいろんな価値観をみにつける事ができなかったのさ。」と返答される。

その内、人間に憧れている妖怪サラリーマンが、勤めている会社に同じような同僚がいたと口を開いた。

その同僚は優しい人間で、『人に優しくしなきゃ』という気持ちから『優しくすることが目的』になってしまったと話す。

その同僚は新人に必要以上にかまい、良かれと思い新人の仕事を奪ってしまい結果成長を妨げてしまった。

「最初から相手には無理だと決めつけてフォローしてしまう、それが親切だと思っているんだなぁ。」

つまり人の一面しか見ようとせず、自己の固定概念のみで判断し、物事を決めつけて空回った親切をする。

夕士はこれに困惑していたのだ。

これを詩人は「地獄への道は、善意で舗装されている。」と言った。

何ともシンプルかつ感慨深いセリフで私は大好きだ。

そして住人たちは続ける。

そういった