【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録6日目

ぼくのなつやすみ2民宿の外観 ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

不定期開催、PS2ぼくのなつやすみ海の冒険篇をゆるっとプレイした記録。

舞台は昭和50年8月、主人公である少年ボクくんが親戚の営む民宿に預けられて過ごすひと夏の思い出だ。

釣りや昆虫採集・海で泳いで町中を駆け回る…そんな風に幼少期を過ごした事が無くとも、どこか懐かしく心揺さぶるストーリーが魅力だ。

自粛に次ぐ自粛で中々外出が出来ない私は、幼い頃に夢中になったこのゲームの世界で存分に駆け回ろうと決めたのである。

前回までの記録はコチラ

5月からプレイし始めて、早くも季節が追い付いてしまった。

スポンサーリンク

6日目 怪しいお客さん

この日も富海の町は快晴!…と言うかこのゲーム内で雨が降っている記憶が無い。

いつものようにおじちゃん一家と朝食を済ませると、食堂に元気な声が響いた。

これはあれだ、昨日おばちゃんが玄関先で今日か明日かと待っていたお客さんに違いない。

現在このおじちゃんが営む民宿の宿泊客は、長期滞在中のおもしろカメラマン・サイモンたったひとり。

素敵な場所なのに経営は大丈夫なんだろうか…と、少年に憑依するアラサーは密やかに心配していたのだ。

おばちゃんとの立ち話から女性のひとり旅だそうだけど、ボクくんはここにやって来て数日で人見知りをしなくなったので、新しい出会いがまたかけがえのない思い出となるだろう。

民宿の子さながらに当然の如くお客さんを出迎えるボクくん。

そこに立っていたのは頭にバンダナを巻いたお姉さんだった。

腕組みをしながらふてぶてしい態度で、君は大学生なのか?と問うボクくん。

確かにこの町にはいない年齢層のお姉さんじゃないだろうか。

本人も満更ではなさそうだったけれど、どうやら大学生ではないみたいだ。

所々垣間見えるボクくんの『もしかして嫉妬してる?』とか『悪い男の人に騙されちゃダメだよ』的な純粋故のぶっ飛び発言にもしっかりツッコんでくれそうな人で安心した。

どストレートの「変なガキ!」にも動じないボクくんは将来大物になるだろう。

名前は芳香(よしか)さん、元気に名前を教えてくれた後颯爽と去っていった。

ボクくんが付けたあだ名が女子大生なので、芳香さんは以下女子大生と呼ばせてもらおう。

夏休み中沢山お話して仲良くなる事を心に決める。

と言う訳で、早速女子大生を追って民宿の2階へ。

先程別れたばかりの少年が早くも自分を訪ねてきたら、そのグイグイ感で圧倒してしまうだろうか…とか考えていたけど、逆に民宿に到着してすぐに部屋に籠らず共用スペースのキッチンでキュウリを切っている女子大生の姿に私が圧倒された。

しかも「キュウリ食べる?」とおススメされてしまったので、とりあえず頂いておいた。

見習いたいくらいの順応性だ。

何度話しかけても永遠にキュウリを勧められるので、一旦退散。

今日は何をしようかな~と考える前に、この世界で一番の信用度を誇る占い少女光ちゃんの元を訪れる事にした。

光ちゃんの占いを聞いておけば、この日起こる面白い出来事に遭遇できるという驚異的な能力を持っている。

しかしこの日光ちゃんはいつもの公園にいなかった。

光ちゃんは、この町で唯一の少女だが男の子が大嫌いだと発言している通り、おじちゃん家のやんちゃ坊主たちタケシとシゲルと一緒に遊んでいる所も見た事が無い。

いつもひとりで公園に座っているので誰かと遊んでいるのなら喜ばしい事だが、占いは必須なので捜索に出発!

過去にプレイした記憶を手繰り寄せて、ひょっとしたら…と足を運ぶと光ちゃんは靖子姉ちゃんと海岸に座っていた。

早速ご挨拶。

泳ぎが得意なの?と質問したボクくんに、靖子姉ちゃんは「当たり前でしょ」と答えてくれた。

昔は遊んでいてお腹が空いたら海に潜って何かを採って食べていたらしい。

高校生にして穏やかで大人びた少女である靖子姉ちゃんからは想像も付かないワイルド過去だ。

海で採れたての海鮮って絶対おいしいだろうなぁ~!私がやったら密漁だけど…。

私も昔は公園の花の蜜を吸ったり木になっているグミの実を食べたりしていたな。(大阪市内在住・時代は平成)

友達は誰もそんな事をしていなかったので、私はかなり野性的に見えていただろう。

一応、飢えを凌ぐ目的ではなかったとだけ残しておきます。(笑)

そして肝心の光ちゃんはと言うと、物思いに耽っていた。

「あーあ、どっかにカッコいい男の人でも落ちてないかなぁ?」って…相変わらずおませさんである。

そう言えば、光ちゃん姉妹と並ぶとボクくんの肌がコンガリ焼けてきている事に気が付いた。

しっかり占ってもらって、いざ再出発!

この調子で夏のちびっ子黒肌大会で優勝を狙おうではないか。

まぁ、そんなイベントは無いので置いておき、道中立ち寄ったおじちゃん家の居間におにぎりがあったので食べておいた。

テレビからは『8月6日、30前年の今日…』と広島の事が放送されていた。

そうか、この昭和50年当時はたった30年しか経っていなかったのだな…。

こういうストーリーとは直接関係のない細かい部分こそ、ぼくのなつやすみというゲームの魅力だなぁと個人的に思う。

さて、ボクくんと共に思い切り遊ぶために再びカンカン照りの外へ。

とりあえず虫相撲をする為に秘密基地を目指していると、先日と同じ場所でロケット中学生こと洋兄ちゃんを発見した。

どうやらまだまだロケットの部品が見付かってい