【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録6日目

ぼくのなつやすみ2民宿の外観 ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

不定期開催、PS2ぼくのなつやすみ海の冒険篇をゆるっとプレイした記録。

舞台は昭和50年8月、主人公である少年ボクくんが親戚の営む民宿に預けられて過ごすひと夏の思い出だ。

釣りや昆虫採集・海で泳いで町中を駆け回る…そんな風に幼少期を過ごした事が無くとも、どこか懐かしく心揺さぶるストーリーが魅力だ。

自粛に次ぐ自粛で中々外出が出来ない私は、幼い頃に夢中になったこのゲームの世界で存分に駆け回ろうと決めたのである。

前回までの記録はコチラ

5月からプレイし始めて、早くも季節が追い付いてしまった。

スポンサーリンク

6日目 怪しいお客さん

この日も富海の町は快晴!…と言うかこのゲーム内で雨が降っている記憶が無い。

いつものようにおじちゃん一家と朝食を済ませると、食堂に元気な声が響いた。

これはあれだ、昨日おばちゃんが玄関先で今日か明日かと待っていたお客さんに違いない。

現在このおじちゃんが営む民宿の宿泊客は、長期滞在中のおもしろカメラマン・サイモンたったひとり。

素敵な場所なのに経営は大丈夫なんだろうか…と、少年に憑依するアラサーは密やかに心配していたのだ。

おばちゃんとの立ち話から女性のひとり旅だそうだけど、ボクくんはここにやって来て数日で人見知りをしなくなったので、新しい出会いがまたかけがえのない思い出となるだろう。

民宿の子さながらに当然の如くお客さんを出迎えるボクくん。

そこに立っていたのは頭にバンダナを巻いたお姉さんだった。

腕組みをしながらふてぶてしい態度で、君は大学生なのか?と問うボクくん。

確かにこの町にはいない年齢層のお姉さんじゃないだろうか。

本人も満更ではなさそうだったけれど、どうやら大学生ではないみたいだ。

所々垣間見えるボクくんの『もしかして嫉妬してる?』とか『悪い男の人に騙されちゃダメだよ』的な純粋故のぶっ飛び発言にもしっかりツッコんでくれそうな人で安心した。

どストレー