【滋賀県1】日本一大きな湖にそびえる鳥居・白髭神社と近江舞子ビーチを散策して松ぼっくりに足を取られるアラサー車中泊旅

日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、携帯消毒液とマブダチのmamuです。

今回は2021年03月27日、親友ちゃんと滋賀県を観光した思い出を残したいと思う。

前置きが少々長いので、写真が見えるまで読み飛ばして貰っても構わない。

私たちは以前から桜を見に海津大崎へ出向こうと話していた。

昼間なんかはすっかり春らしい陽気になって来た昨今、金曜の夜中から出発して桜を見てやろうと計画していたのだ。

海津大崎と言えば『日本の桜名所100選』にも選ばれていて、約800本もの桜が琵琶湖沿いに立ち並ぶなんとも見応えある名所。

私たちは2年前の春、偶然にもその絶景を目の当たりにして「また見に行きたいね!」と話していたのである。

入浴を済ませて、車中泊の準備を進めながら脳裏に蘇る桃色の景色。

しかし、いざ調べてみると海津大崎の桜は遅咲きで有名らしくまだ開花していないとの事だった。

え、楽しみにしていたのに…。

内心ショックを受けた私は、しつこく桜の様子を検索し続けた。

そしてこの日の前日に撮影された桜の様子を発見し、静かに諦める事にした。

そこに写っていたのは大半がまだ蕾の枝で、そこに2つ程花が開いていたのだ。

私たちは短い会話の中で予定を変更し、桜を諦めて他を観光する事にした。

海津大崎の桜は惜しいが、それが無くても滋賀県は魅力的な所だ。

勿論、携帯消毒液とマスクをしっかり持参!

真夜中2時半頃、軽自動車は滋賀県高島市に向けて走り出した。

そんな時間から…と思うかもしれないが、朝4時までに高速に乗るとETCに割引が付く。

いつもながら貧乏旅。

お気に入りの音楽を口ずさみながら、到着したのは道の駅・藤樹の里あどがわ!

ここを車中泊場所と決めて、眠りについたのは朝の5時くらい。

辺りには長距離トラック、そして私たちと同じように車中泊する車が停まっていた。

余談だが座席をフルフラットにする際に親友ちゃんは左肩を負傷した。

これを書いている今も、未だ痛がっている。

目覚めは朝9時、静かだった道の駅は一変して活気に溢れていた。

Twitterのフォロワーさんが休日はいつも盛況なのだと教えてくれた。

その通り本当に盛況で、人気の道の駅なようだ。

人さまが多かったので写真は撮れていない。

人々で賑わっているその空気感だけでワクワクと弾み始める胸。

朝食にはおススメ頂いた焼き鯖寿司を頂こう!と意気揚々出向いたのだが、時間が早かったのかまだ陳列されていなかった…。

それならばもう一つおススメされたお蕎麦でも!と張り切る親友ちゃん。

券売機に×マークを見付けて顔を見合わせた。

それでも諦め切れず「あの…お蕎麦って」と尋ねたのだが、提供は11時からとの事だった。

朝は朝食セットを提供している様子。

私たちに「ごめんなさいね!」と口を揃えるフードコートの厨房さんは、本当に感じの良いマダムたちだった。

折角おススメ頂いたのに…っ!と本当に残念だったけど、マダム達の温かい人柄に心が晴れた。

こういうのって対応ひとつで感じ方が変わるものだから大切だと私は思う、マダムたちありがとう。

おススメ品は次のお楽しみに取っておこうと素直に思えた。

代わりに購入したのは、たこめし!

しっかりと味が染みているし、甘くて美味しかった。

少々ご飯とタコの比率が気になったけど、ボリュームもしっかりあってこのお値段。

しかも美味しいのだから、たこめしを選んで良かった!

親友ちゃんは牛カルビ弁当を選んで「何処でも食べられる味やけど、美味しい」とコメントを残した。

さて、朝食を済ませて目指すは白髭神社!

日本一大きい湖・琵琶湖の中にそびえる鳥居が見られる神社だ。

世界遺産の厳島神社を彷彿させる光景から”近江の厳島”なんて呼ばれている。

道の駅・藤樹の里あどがわから車で約10~15分くらい。

神社横にある駐車場は結構な具合で混雑していた。

収容は50台なので駐車出来ない事は余程でない限り無いだろう、多分。

はい、こちらが湖に立つ大鳥居の様子。

知らなかったが、近年パワースポットとして有名なんだとか。

以前訪れた際はコーン等も無くもっと綺麗に眺められたのだが…。

残念に思ったが、鳥居を挟む道路の手前に『道路横断禁止・大変危険です』と警告が貼り出されていた。

辺りに信号機は無く、国道のカーブ手前に位置している大鳥居。

これを間近で見ようと参拝客が横断するのは本当に危険だと感じた。

この日、国道は神社駐車場に駐車するにも流れが止まらず苦労するくらいだった。