【白熱!】工夫した特殊ルールでカルタをしてみたら大人2人で3時間夢中だった

国旗カルタ ゲーム
スポンサーリンク

あけましておめでとうございます、アラサーフリーターのmamuです!

年が明けて仕事始め早々に風邪を引いてしまい、現在ヘロヘロになりながらブログを書いている私だが、それはさて置き………お正月と言えばカルタ!

優先順位的には別に上位ではないかもしれないが、何とも日本らしい定番の遊びじゃないだろうか。

………ただ、カルタは2人で遊ぶには退屈だ。

親友ちゃんと2人でルームシェアしている私は、それでも楽しくカルタで遊びたかった。

そこで!どうにかこうにか2人で遊べるように工夫してみたら想像以上の盛り上がりを見せたのであなたにもシェアしようと思う。

スポンサーリンク

用意するカルタ

私達が使ったカルタは百均で購入した『国旗カルタ』

国旗カルタ

こういう何かテーマに沿った絵柄が入っているカルタでしか今回の変わり種カルタは成立しない。

他の例として動物の絵柄の入った『動物カルタ』や乗り物の絵柄の『乗り物カルタ』等でも代用可能だ!

変わり種ルール1

①2人共に絵札からランダムで1枚カードを選ぶ

②出た国の魅力を互いにプレゼンする

③より旅行先として魅力的に感じた方の勝利

私達の場合、持っているカルタが『国旗カルタ』だった為そのようなルールとなったが例えば『動物カルタ』だったなら競う点はそのまま魅力でも強さでも良いだろう。

この時私達が引いたカードは以下である。

国旗カルタの絵札

←親友ちゃん 私→

裏側にはちょっとした国の紹介がされていた。

絵札の裏

………………どう考えたって旅行プレゼン向きじゃねぇ……ッ!!!

先行!親友ちゃんのイラン魅力プレゼン

「治安はあれやけど……とにかく自然豊か!あとペルシャ絨毯が有名!」

冒頭から既に行きたくないが、親友ちゃんはペルシャ絨毯が高級である事と羊の毛で出来ている事を熱弁する。

私が日頃からペルシャ絨毯に目がないのなら素晴らしい戦術だが、私の認識として「お金持ちの絨毯」くらいしかないので何も響かない。

最早、イランの魅力というかペルシャ絨毯の下手な通販みたいであった。

後攻!のロシア魅力プレゼン

「今はちょっと色々あるけどさ……」と、既視感のあるスタートをしたが一辺倒攻めにはなるまいと手数を打つ事にした。

私の持ちうる少ない知識を開放する。

ロマン溢れるシベリア鉄道、ロシア式の教会の美しさ、世界最大のシカであるヘラジカが生息している事、あったかホカホカの郷土料理ボルシチ……などなど。

…………結果は「「行きたくない」」のドローであった。

変わり種ルール2

①2人共に絵札からランダムで1枚カードを選ぶ

②手札を相手に見せず、国旗の特徴を口頭で説明する

③説明を受けた側はその説明を元に絵を描く(この時出題側も回答者の絵を見ない)

これも他のテーマ系カルタで代用可能だろう。

私は、親友ちゃんの説明に耳を傾け一生懸命に描き上げた。

国旗の絵

……………いや、中心に太陽って言ったやん!!!(笑)

私の描いた国旗を見ながら大笑いする親友ちゃん………難易度の差ッ!!!!(笑)

国旗の絵

私だってイタリア国旗ならこんな間違いはしなかった筈である。

変わり種ルール3

①2人共に絵札からランダムで1枚カードを選ぶ

②手札を相手に見せず、国の特徴や文化、名物料理等を口頭で説明する

③出題者側がその国の事を知らなかった場合、検索しながらでOK

④回答者側は国名を当てる

これもまたテーマ系カルタなら代用可能だろう。

ここからはあなたもどこの国か当ててみよう!

先行、親友ちゃん

「サトウキビ作りが盛んで、古くからの遺跡がありマヤ文明のピラミッドがある。」

「マヤ文明……シュメール人の所やろ、アステカ文明もあるよな?!……何処や」

追加情報、名物料理はタコス

後攻、

「大航海時代に新大陸を発見した……」くらいで親友ちゃんに即答された。

追加情報、名産はコルク

……さて、正解は…………

国旗カルタの絵札

メキシコとポルトガルでした!あなたは正解出来ただろうか?

次の問題!

親友ちゃん

「世界一国旗が簡単!」で私は即答だった(笑)

「赤道が国土の真ん中を通ってて、国土の大半が高原!あと国立公園で野生動物がいっぱい保護されてるって!」

「えっ……もっと情報欲しい……」

「言語はスワヒリ語と英語で、象とかキリンとか保護してるで!チンパンジーとか。

「あぁ~大体雰囲気はわかるけど……〜スタン系?」

「違う!えっとなぁ……これは思い切って言っちゃうけど……アフリカの角って言われてるって!」

「知らんwww」<