【冬のインテリア】雑貨好きな私がクリスマス雑貨を愛でるだけの話

クリスマスの雑貨 日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

今年もいよいよ残す所1カ月を切って、冬のイベントが近付いてきた。

そう、12月と言えばクリスマスだ!

ハロウィンを可憐にスルーしながらも、私はいそいそとクリスマスの飾りつけを進めた。

以前『雑貨が好きなんだ』とただただ語り、ご自慢の黒板やミニチュアコレクションを見せ付けた私の様子はコチラでご確認頂きたいのだが。

雑貨は何の役にも立たないと言われてしまえばそれまでの物だ。

しかしながら『ただ気に入っている』という理由さえあれば、それだけで価値がある物だと私は思っている 。

私は忙しなく過ぎて行く日常の中で、ただ好きな物をぼんやり眺めて癒される時間も大切にしたいのだ。

と言う訳で、今回もただただ私自身のお気に入りクリスマス雑貨を見てもらう事にした。

まずは、以前紹介したDIY黒板の下のスペースから!

黒板下に『MerryXmas』と入った毛玉みたいなガーランドをさり気なく飾っているのも個人的なポイント。

写真立てを取っ払うと、めっちゃシュールになった…(笑)

一番背が高いスノーウッドは枝が可動式で、雪が積もった枯れ木の哀愁が抜群。

その隣は加湿器だけど、そのまたお隣はもう何年持っているのか不明なアルパカだ。

そして、その前を陣取るのがアルミ製のサンタクローズと雪だるま。

ニトリにて購入したスノーウッドは、電池式で光ってくれる仕様!

灯りを落としてみるとフンワリ優しい色に光って、眺めているだけでも癒される。

心がポカポカするようなささやかな光景…うん、お値段以上!

ついでに加湿器も動かしてみるとこんな感じ。

アルパカを加湿器の上に移動させたら、よりシュールな雰囲気になった…(笑)

実際にアルパカの毛が使われているので手触りもフワフワなのだが、色褪せ具合から歴戦のお気に入りであることが伺えるだろう。

しかしながら、このアルパカ実は2代目だ。

先代は『洗濯機で洗濯出来る』という店の人の話を鵜呑みにして洗濯機で回したら、跡形なくポッロポロになった。

その衝撃から数年後新たにお迎えした現アルパカは、先代のショッキングな姿から洗う事が出来ていないの