【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録10日目

ぼくのなつやすみ2 10日目プレイ画面 ヒミツの展望台 ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

根強い人気を誇り未だ新作を望む声が強いゲームぼくのなつやすみシリーズ、私は幼い頃からこのゲームが大好きだった。

そこで引っ張り出してきたのがPS2『ぼくのなつやすみ2海の冒険篇』!

舞台は昭和50年の8月、瀬戸内海に面した自然豊かな富海(ふみ)の町を舞台に小学生の少年の夏休みが始まる。

民宿を営むおじちゃん家族、高校生のお姉さん、中学生のロケット兄ちゃん、個性豊かな住民たちが織りなすノスタルジックな会話や何故か懐かしい情景が眩しいひと夏の思い出は、プレイヤーによって十人十色に変化する。

すっかり12月になって世間は寒くなったけれど、画面を開くと元気な蝉の声が懐かしく響いた。

さて、今日はどんな冒険をしようかな!

スポンサーリンク

8月10日 ボクくん仲間入り!

ラジオ体操と一家団欒の朝食を終えて、ボクくんが一番に走ったのは奥沢!

前回おじちゃんがスペシャルな橋を掛けてくれて新たに冒険できるようになった新エリアである。

これには住民であるタケシとシゲル兄弟は勿論、遊びに来ているボクくんも大はしゃぎで少年に憑依している私すらドキドキと胸が弾んだ。

一応前回の様子はコチラ

そんな新エリアへ朝の一番から一体何をしに走っていたかと言うと、強いクワガタやカブトムシを捕獲する為である。

昨日発見したばかりの木に自作の砂糖水を塗っておいたのだ。

これまで少なくはない数のクワガタを捕獲したボクくんだが、虫相撲で10勝以上して名付ける程強い虫はオニクワガタのどすこいチャッピーの他にいない。

どうにかタケシとシゲル兄弟に認めてもらい秘密の展望台に上がるべく、日々精鋭を探しているのだ。

小学生たるものボクくんには負けられない戦いがある…。

早速ポイントへやって来た。

今日こそ強い虫…来いッ!!!

祈りと共に木を蹴っ飛ばして新たに仲間に加わったのは、69㎜と大きなヒラタクワガタだった。

これは…期待できるのでは!?

何かめっちゃ強そうやん!!やったぞボクくん!!

他の虫取りポイントも回りながら道中診療所へ。

今日も患者さんはおらず、まったりとした空気が流れていた。

おじいちゃん先生曰く「幾らヒマでも、病人が来ないのは嬉しいのぉ」本当にそうだね元気が一番。