【格安!】爪先のお洒落175円のネイルシールが最高だった!

ネイルシールを貼った様子 買って良かったおススメ品
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

皆さん、ネイルはされていますか?

今やセルフネイルの種類は豊富になって、自宅でもマニキュアの他にジェルネイルまで自分で施せるようになっている。

勿論男女関わらず関心がある人とそうでない人はいるけれど、私は昔からネイルが好きだった。

週末になると自分でマニキュアを塗って爪先を飾る…これはあくまでも自分の気分を上げる為の自分自身に向けたお洒落だ。

しかしながらマニキュアは、日々の炊事や些細な事で簡単に剥げてしまう。

更に職場環境で爪を飾れないという人も多数いるだろう。

折角時間を割いて綺麗にネイルしたって休日しか楽しめない…という事がかつて私にもあった。

そこで今回試したのは、ネイルシール!

結果としてお値段もデザインも可愛くて最高!となったのだが、それも175円と格安で種類豊富だったことが購入の決め手となった。

と言う訳で今回は、ネイルシールとは一体どんな物なのか、安いけどどれくらい持つの?付け方が分からないという人の為に検証してみることにした。

スポンサーリンク

ネイルシールとは?

ネイルシールとは、ずばり爪に貼るシールである。

不器用さんには難しいグラデーションや柄がシールにプリントされていて、爪に貼るだけで何ともゴージャスな雰囲気になるのである。

中には爪の長さを出す為にネイルチップに貼る方法もあるけれど、今回は私自身の自前で試してみる事にした。

格安ネイルシールってどんな感じ?

今回私が楽天で購入したネイルシールの数はざっと12組。

可愛い~!!

どう頑張っても反射するか陰になってしまったので、見辛い感じで申し訳ない。

注文して3日程で迅速にメール便が届いたのも個人的に嬉しい所。

どうしてこんなに大量に購入したかと言うと、1980円以上購入で送料(289円)が無料になるからだった。

本体のネイルシール(175円)よりも高い送料はどうしても払いたくなかったのである。

一応1枚でも購入するとミニファイルという青い物も付属で付いてくる。

何か汚れてるしチープだが、これが無いとネイルシールをピッタリ引っ付けられないので有難い。

真ん中に写っている白い物体は、その時の注文特典?で付いてきた爪ヤスリだ。

ぶっちゃけ使わない。

さて、お安いネイルシールだが実物はどんな感じかというと参考写真とは少し違った雰囲気の物もあった。

シールなので本物のストーンとか使えないし仕方ないか。

それよりも安さとクオリティーを比べると全然良い。

ちなみに注文品の中で一番違った物はこちら。

購入ページには参考写真としてネイルチップにシールを貼っている風の写真も一緒に掲載されているのだが、どう頑張ってみても隣り合ったシールの写真とネイルチップでは様子が違うのでその辺をしっかり見比べて吟味すると良いかも。

今回は初回な事もあって色んなタイプのネイルシールを購入してみたけれど、特にゴテゴテとストーンが付いている系のネイルシールは参考写真とギャップがあった。

一応お伝えしておくと、ギャップを感じない物もきちんとあった。

………まぁ、どうせすぐ剥がさなきゃだし、とか安さを優先!とか、爪先とか誰もじっと見ないだろ!という私みたいなタイプには全然良い感じだ。

色々言ったけれど実際貼ってみた結果としては、個人的にリピート確定である。

175円ネイルシールの注文で感じた事

まず、めちゃくちゃ種類がある。

フットネイルシールも種類豊富で、数え間違っていなければ174種類あった。

そのひとつひとつに商品番号が振られているので、複数購入する場合別途メモしなければいけない。

私個人は「どれにしよう~」と選んでいるのも楽しいので、あまり面倒には感じなかったかな。

ネイルシールの貼り方

・ネイルシールと自分の爪のサイズを見比べて、サイズが近い物を選ぶ

・爪の薄皮と1㎜くらい離して指側から爪先に向けて慎重にシールを貼る

・爪の長さに合わせて眉毛用ハサミ等でカット

・ハサミでカットしきらなかった余りの部分をミニフィルム(青いの)で削って馴染ませる

・最後にトップコートを塗って完成

爪の形や大きさは其々なので省くが、一応カットはこんな感じ。

シールはゆっくり剥がせば張り直しも出来るし、引っ張ると少し伸びる薄いビニールっぽい感じ。

コツとしては、爪の大きさギリギリを攻めながら1㎜くらい余らせておくくらいが良かった。

この時初めてネイルシールを貼った私はミニフィルムの使い方がイマイチ分からずカットだけでどうにかしようとしたのだが、どうにも爪にピッタリ馴染まず苦労した。

ちなみにカット後のミニフィルムの使い方は、少し余ったシールを爪の内側に織り込んでそれを削り取る要領で内に内に削ると隙間なくピッタリ馴染んだ。

両手を使うので参考写真が無くて申し訳ないが、ミニフィルムを使わなければシールの爪先部分が時間と共に浮いてくるのである。

1度目、失敗

1度目は見事に失敗した。

明確な敗因が2つ。

・ミニフィルムを無視した

・トップコートが無かった(うっかりミス)

一応、ネイルシールを貼った直後の写真がこちら。

人差し指の爪は数日前に折れて極端に短いがとりあえずそこは置いておき、実際に爪に貼ってみると存外違和感が無くていい感じになった。

デザイン的にめっちゃ派手だぞ!という所も今回はスルーして、ハサミでのカット・トップコート無しでどれだけ持つのか検証してみる事にした。

洗い物:爪先のシールが浮く、既に危ない

入浴:撃沈

……え!!(笑)

結果、ハサミカットの甘さも敗因だけれど、そもそも貼り方として『トップコートを塗る』と言われているのだから当然の報い。

ちなみに、剥がれていない人差し指は唯一ミニフィルムを使用した指だったので剥がれなかったのかも。

成功事例:経過報告

と言う訳で、1度目は撃沈した私だが敗因がハッキリしていたので改善して挑んだ。

更に今回は元の爪の治安を整える為に今回はシールを貼る前に自前の爪ヤスリで整える事に。