【検証】氷が溶けないと噂の水筒を炎天下の中連れまわした結果

ひまわりとリュックサック 買って良かったおススメ品
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

最近益々暑くなって、蝉の声が染みる真夏日和が続いている。

私の父は所謂ガテン系の職業でこの時期になると松崎しげるやみのもんたを凌駕する黒さになるのだが、そんな父が愛用する水筒が”凄い”と母から小耳に挟んだ。

どう凄いのか聞いてみると、この炎天下の続く真夏期に朝投入した氷が帰宅時まで溶けていないのだとか。

私は素直にその凄さに惹かれた。

今でこそ自宅に籠る時間が増えた私だが、以前は週末の度に何処かしらに車中泊で遠出していたのである。

とは言え、贅沢出来る程の経済力は無いので、その際持参するのが水筒だ。

外出先で飲み物を確保するのも積もり積もれば馬鹿にならない金額になってくる。

そこで私は両親が信頼を置く水筒の購入に踏み切ったのだ。

冷房なんて文明の利器の無い現場仕事を日々こなす父、そこにきて氷の溶けない水筒がどれ程父を助けているだろう。

そして氷の溶けない水筒はきっと私たちの事も助けてくれるに違いない。

この買い物について私は即決だった。

現場仕事から帰宅した父の水筒は使用感たっぷりに傷付いていたが、両親の言葉通りその中にはしっかりと氷が残っていたのである。

使用期間は現在で約6年との事で、その持ちの良さにも強く惹かれた。

そして数日後、我が家に届いた水筒がこちら。

保冷専用、2.2リットルの大容量。

この大きさで他のメーカーだと6000円くらいするけれど、この水筒は送料無料で3300円とコスパが良い。

あと、びっくりするくらいデカい段ボールで届いたので、一体何が届いたのか一瞬ビビった。

色は黒とブルーの2種類のみと味気ないが、水筒に可愛さを求めていない私からしてみれば正直全然ありである。

コップ付き水筒では無く、飲み口から直のタイプ。

こうしてピカピカの巨大水筒を手に入れた私だが、これで満足はしなかった。

…水筒貴様の実力を知りたい。

そう思い立った私は、ある日の休日親友ちゃんを誘ってピクニックに繰り出す事にした。

父の使用する水筒で事実確認は出来ているけれど、手元に新品がある今自分で検証したくなったのだ。

早速アイスブロック1つ分の氷を水筒に投入!

水筒の容量が大きいので余裕で入った。

そこに自宅の麦茶を注げば準備完了。

後は炎天下の中へと連れて行くだけである。