日用使いの軽自動車でライトに車中泊を楽しむ為に使っている物を紹介します!

買って良かったおススメ品
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

今回は車中泊に憧れるけれど車をDIYする程では無い、挑戦してみたいけれど本格的なのはちょっと……という方がライトに挑戦出来る車内グッズをご紹介したい!

私は、これまでルームシェア相手の親友ちゃんと車中泊で旅をしている様子を多々綴ってきた。

このブログを度々閲覧して頂いている方には伝わっていると思うが、私は車中泊旅が大好きだ。

私達が車中泊へと繰り出す車種は後部の広い軽バン等では無く、一般的な軽乗用車で後部座席に人を乗せて日用使いもする。

期間は、1泊2日から長くて4泊5日程度を年に10回程。

以前、私達が車中泊する際の車内の雰囲気は綴った事があるので気になる方はコチラを覗いて頂きたい。

つまり何が言いたいかというと、1ヶ月間等の長期的な車中泊旅仕様では無い一般車両で車中泊するには少し工夫が必要なのである。

その際に何があれば便利なのか?試行錯誤を繰り返して揃えた必要最低限のグッズ達をご紹介しよう!

一応、車内で使う為に網戸も自作した過去がある。

その時の様子を知りたい人はコチラをどうぞ。

スポンサーリンク

睡眠の質を確保するマット

車中泊を楽しむ目的は観光だったり釣りだったりそれぞれだが、車内で眠るというのは共通している。

何かしら目一杯楽しむ目的があるから、車中泊という手段で遠方に赴くというのが恐らく大多数だろう。

釣りやスノーボード等のアクティビティの前乗りにしろ観光に重きを置いた旅行にしろ、睡眠の質が悪ければ目一杯楽しむ事は出来ない…!

私達は、現在車中泊の際に空気で膨らますエアマットを使用しているがそれ以前は通常の敷布団を使用していた。

その時は悲惨だった……段差の改善がされていないシートの凸凹をモロに感じながら眠るのは想像以上にストレスになるのである。

朝起きる頃には、身体中がバキバキに固まって最悪肩首の筋を違えてしまい体調がすぐれないまま観光する羽目に……なんて事もあった……。

そこで、車内での寝心地というのは非常に重要なのだ!!(大声)

という訳で、私達が使用しているエアマットをご紹介しよう。

車内で使用するマットの基本として段差を感じず眠れるマットの厚さは10cm以上、しかし10cm以上の厚さのマットとなると結構な重量になる。

車内への運び込みを考慮するなら持ち運びが楽なエアマットが良いんじゃないかと選んだのがこちら!

コンパクトと言えるかは微妙だが軽々持ち運べるので、邪魔な場面では簡単に自宅に持ち帰れるのだ。

中身はこんな感じ。

空気口が付いているので、開いてそのまま放置しておくと一応勝手に膨らむようになっている。