【車中泊】DIYしていない軽自動車で車中泊 どんな感じかお見せします!

車と星空 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです!

前回まで2022年05月親友ちゃんと岡山県へ車中泊に行った記録を綴ってきた私だが、ここで唐突に車中泊方法をご紹介しようと思う。

と言うのも、タイトルに”車中泊旅”と記載しておきながら車内の様子をご紹介した記憶がほぼ皆無だったからである!

同じ車中泊愛好家、もしくはこれから車中泊に挑戦したい人、挑戦する予定はないけど興味はある人、とにかく色んな人に楽しんで頂けると幸い!

…尚、この後に載せている写真はお洒落とは程遠く生活感満載でお届けします…。

スポンサーリンク

車中泊に出発

昨今youtubuや雑誌、TV番組なんかでも車中泊が取り上げられたり、車中泊に特化したキャンピングカーの特集なんてものをよく目にするようになった。

広々としたハイエースに夢を詰め込んだフルフラットのDIY車…広くはなくても工夫を凝らした収納DIYが味を出す軽バン…正直羨ましい。

しかし、日用使いで人を乗せるし長期間車中泊で旅する訳でもない私達にとって本格的なDIYは必要ない…。

それでも車中泊が好きだから、何もしていない車内で眠る為に試行錯誤を繰り返した。

未だ発展途上ではあるものの、今の私達が楽しんでいる車中泊が一体どんな雰囲気なのかご紹介しよう。

まず通常の状態から見て変わり種と言えばこのテーブルだろう。

このテーブルは車のトランクに常時乗せたままになっていて、普段は荷物を2段で乗せられるようになっている。

両端にクッションが2つ挟み込まれている理由としては、運転中の些細な揺れでテーブルの角が車体にぶつかるのを和らげる為だ。

俯瞰で見てみると間抜けだが、このクッションが無いと内部の車体に傷を作ってしまう可能性大なので地味に大切なポイント。

そして車中泊に出発する際の車内はこうなる。

後部座席の背もたれを前倒しに出来る車種なので、こうする事で空間が広く確保出来るのだ。

そして毎度の事ながら荷物や寝具を積み込むとパンパンになる。

助手席から振り返るとこんな感じ、以前自作した見た目マイナス100点の網