【岡山県女子車中泊旅】飛鳥奈良時代の謎多き古代山城 鬼ノ城にはロマンが溢れていた!

鬼ノ城西門 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuで す。

これは、 国内を車中泊旅するのが趣味で日本各地を 巡る仲良し親友の二人が旅した2022年05月の記録で ある。

前日、 安富牧場ファミーユにて新感覚な美味しいソ フトクリームを堪能した私達は朝から天空の古代城鬼ノ城を目指していた。

と言う訳で今回は、桃太郎伝説が残る謎多き天空の古代山城鬼ノ城についてご紹介!

※鬼ノ城を全て見て回る時間は無かったので有名な西門までとなります。

スポンサーリンク

駐車場から西門への行き方

私達が鬼ノ城駐車場に到着したのは朝8時30分頃で、まだビジターセンターも開いていない時間だった。

と言うのも鬼ノ城駐車場への道程は車以外で辿り着く事が出来ない上に、道幅が非常に狭く対向車とすれ違う事も難しいのだ。

その立地から休日には渋滞が発生すると事前情報を得ていたので、私達にしては早朝からの観光となったが本当に正解だった。

到着時には既にチラホラと観光客が集まり始めていたし、確かにすれ違うのもままならない道程だったからである。

さて、気を取り直して出発!

駐車場を出ると正面にビジターセンター、左手に道が続いている。

“鬼ノ山 登り口”との看板があるので迷う事は無いだろう。

他にも登山を助けるアイテムなんかもレンタル出来るが、西門までの道程なら必要無いだろうとスルーした。

鬼ノ城は7世紀の後半に標高400mの鬼城山に築かれた古代山城…ぐるりと全てを巡るのはもう登山と言う他無いのである。

とは言え、西門までの道程はゆっくり歩いて片道15分程度、その殆どが登り坂となっているが舗装されているので気構えなくて大丈夫!

ちなみに鬼ノ城1周コースは約4.5kmで所要時間は2時間程だそうです。

日頃運動不足の私達は多少呼吸が荒かった…登山するであろう装備の人たち…スイスイ歩いていて格好いい…。

み…見えた!!

謎多き鬼ノ城