【三重県】東海道五十三次・関宿のまちなみ資料館が面白かった車中泊旅

眺関亭の展望台から望む町並み 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

10月の終わり大阪から三重県へ車中泊旅に出発した私とルームシェア相手の親友ちゃんは、2日目のこの日三重県亀岡市にある江戸の町並み関宿へとやって来ていた。

実際に武士が宿泊していた旅籠の玉屋歴史資料館を楽しく堪能した私たちが次に目指したのは『関まちなみ資料館』!

一応、前回の様子はコチラ

前回訪れた関宿旅籠玉屋歴史資料館と関まちなみ資料館は共通入館チケット大人300円なのだが、資料館と資料館との距離は歩いて5分~10分くらいだった。

玉屋資料館で学んだばかりなので、町並みを歩いていても沢山の人々が闊歩する様子を想像してみたり。

道中こんなのが立っていた。

ここが東海道五十三次の関宿である事、そして国の重要伝統的建造物保存地区であるのだと彫られていた。

江戸時代から明治期にかけての町屋が約200も軒を連ねているのだ、もう歩いているだけでその雰囲気を存分に感じる。

遠くに見える山の光景も江戸の当時から変わっていないのだろうなぁ~なんて思いつつも、町家を再利用したお洒落なお店の数々にもめっちゃ惹かれた。

関宿みたいな古い町並みにはこれまでも訪れてきたけれど、しっかり歴史的でありながら観光色が色濃過ぎない控えめ故の魅力みたいな物を感じた。

他にも古民家カフェとかお食事処もチラホラ見掛けたのだが、前回訪れた旅籠玉屋と並んで謳われていた関宿の三大旅籠のひとつである『会津屋』は現在雰囲気抜群のお食事処になっていた。

山菜おこわが有名らしい。

他にも江戸時代から続く老舗の和菓子店から、お洒落な雰囲気のリノベーションカフェまで色々あったので次はゆっくりお茶とかもしてみたいなぁ~。

なんて会話を交わしている内に次の資料館『関まちなみ資料館』へ到着!

この資料館は関宿を代表する江戸時代末期に建築された町家建築のひとつで、実際に町家で使用されていた道具・歴史資料が展示されている。

外観は後程お見せするとして、最初にご紹介したいのが明治時代の自転車!

この見るからに古い自転車は、明治10年代(1877~1882)に制作された物で徒歩が主な移動手段だった当時では貴重な物なのだそう。

自転車が一般に普及し始めたのが昭和に入ってからだと考えると、その貴重さがぐっと増す。

いつか今普通に使っている自転車もこんな風に展示されたりするのかな~だとしたら面白い!

さて、このまちなみ資料館は本当に一般の人が住んでいた町家の建物であるのだが、『ようこそ』とお迎えしてくれた説明書きには『狭いし、夏は暑いし冬は寒い』と書かれていた。

こちらの資料館もまた、靴を脱いで内部にお邪魔できるのだが…いや、狭いって!?

この細い廊下までも奥行があったのに、その奥にもまだ続いている上に中庭まであるじゃないか。

もうね、雰囲気が抜群だった。

と言うか、この廊下の横幅の狭さや漂う雰囲気には不思議な魅力があった。

この奥にも展示があるのだけれど、この写真から空気を感じて頂けると嬉しい。

注意として、床がピカピカに磨かれているので多少滑ります(笑)

そしてこの廊下の奥にも展示スペースがあって、そこには本物の高札が展示されていた。

一応翻訳というか…されているのだけれど、私には意味を汲み取る所までは出来なかった…。

他にも、関宿で暮らしている人々がどうやって町並みを保存しているのかとか、重要伝統的建造物保存地区になるまでの歴史などが紹介されているのだが、その中でも関での暮らしについての説明書きが個人的に気になった。

訪れる私たちからしてみると、素敵な町並み・素敵なお家!だけれど、実際に住んでいる人たちからするとやはり暮らし辛さを感じる訳で。

新しい生活形式にしっかりと対応した内装と古き良さを融合した住まいが求められている、と書かれていたのだ。

そりゃそうである。

空いていたという事もあり、実際に町家に住んでいるという受付のお姉さまが色々とお話してくれたのだが、やはり不便だと言って出て行く人が増えたと漏らしていた。

外装の修繕も補助金は頂けるけれど、勝手には出来ないし…と生の声まで聞く事が出来た。

それでも、若い子がリノベーションしてお店をしてくれたりして盛り上げてくれているから頑張らないとね!と明るく締めくくられたので内心安堵。

京都の町屋と同じように奥に長く『ウナギの寝床』なんて言われる形式の町家は、家の横幅に課せられる税金を抑える為に生まれた構造なのだそうだが、現在関宿の町屋に住んでいる人たちは歴史的景観を崩さないように家の裏に車庫を設けてお洗濯もそちらに干していると教えてくれた。

自分たちの暮らしとは違った色、そして努力があって素敵な景観を保って頂いている事に感謝である。

こちらも解説頂いたのだが、昔の薬局から寄付された物だそう。

立派な百味箪笥(ひゃくみだんす)!

その名の通り漢方みたいな薬草とかが100種類入るタンス。

味があり過ぎる、個人的にインテリアとして欲しい。