【香川県小豆島・完結】日本三大渓谷美・柵の無い寒霞渓と、マルキン醤油記念館を観光した2018年08月思い出旅

寒霞渓展望台からの景色 グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、ブログでは外出しまくってるけど実は引きこもり中のアラサーフリーターmamuです。

今回は2018年08月・香川県小豆島観光最終回!

家族4人の旅も3日目の最終日の朝となった。

がっつり朝風呂も堪能して朝食はバイキング形式。

瀬戸内の新鮮な魚介と、小豆島の契約農家さんによる無農薬野菜が魅力。

朝からもりもり食べてしまった。

朝食のバイキングも非常に美味しかったと記憶している。

ごちそうさまでした!

そうして私たちは、名残惜しくも観光へと出発した。

小豆島国際ホテル、本当に良い所だった。

清潔感、接客、お料理、景色、温泉…これだけ揃っているのだから大満足である。

小豆島にお立ち寄りの際は、お料理のお宿千鳥・小豆島国際ホテルどちらもおススメです!

全然雰囲気も違うし、それぞれ良さも強みも違うのでニーズに合った方をどうぞ。

とにかく心地良い宿泊となった。

そんな私たちが第一に目指したのは島のパン屋さん『菊太郎』。

実は写真が無かったので省いたが、前日美味しい塩パンと出会っていたのだ。

これは是非お土産に持ち帰りたい!と地元の方に聞いて車を走らせる。

『菊太郎』という店名をご存じの方もいるだろう。

井上誠耕園の園主さんが「オリーブ・柑橘製品に合うパン」を試行錯誤して、「生食パン」を作ったのだ。

この生食パンお取り寄せでも大人気。

しかし、私たちのお目当てはあくまで塩パンであった。

程よい塩味とバターの風味が絶妙な一品…。

到着した時にはまだ焼きあがっておらず、少々待つ事となった。

「生食パンもあるけどどうする?」となったが、この時買い求めた塩パンは帰宅後のお土産として買いに来ていたので見送る事になった。

そして肝心の塩パンの写真は無い。

無能め…と自分自身で戒めておくので許して欲しい。

焼き立てホカホカのパンを車内で分け合って食べた他は、親友ちゃんや自分たちへのお土産となった。

余談だが多分8個くらい塩パンを購入して、各々に振り分けたのだがどういう訳か塩キャラメルパンが数個混ざっていたそうだ。

私と親友ちゃんは2つとも塩パンだったのだが、塩味を期待して食べた他の