【香川県小豆島・完結】日本三大渓谷美・柵の無い寒霞渓と、マルキン醤油記念館を観光した2018年08月思い出旅

寒霞渓展望台からの景色 グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、ブログでは外出しまくってるけど実は引きこもり中のアラサーフリーターmamuです。

今回は2018年08月・香川県小豆島観光最終回!

家族4人の旅も3日目の最終日の朝となった。

がっつり朝風呂も堪能して朝食はバイキング形式。

瀬戸内の新鮮な魚介と、小豆島の契約農家さんによる無農薬野菜が魅力。

朝からもりもり食べてしまった。

朝食のバイキングも非常に美味しかったと記憶している。

ごちそうさまでした!

そうして私たちは、名残惜しくも観光へと出発した。

小豆島国際ホテル、本当に良い所だった。

清潔感、接客、お料理、景色、温泉…これだけ揃っているのだから大満足である。

小豆島にお立ち寄りの際は、お料理のお宿千鳥・小豆島国際ホテルどちらもおススメです!

全然雰囲気も違うし、それぞれ良さも強みも違うのでニーズに合った方をどうぞ。

とにかく心地良い宿泊となった。

そんな私たちが第一に目指したのは島のパン屋さん『菊太郎』。

実は写真が無かったので省いたが、前日美味しい塩パンと出会っていたのだ。

これは是非お土産に持ち帰りたい!と地元の方に聞いて車を走らせる。

『菊太郎』という店名をご存じの方もいるだろう。

井上誠耕園の園主さんが「オリーブ・柑橘製品に合うパン」を試行錯誤して、「生食パン」を作ったのだ。

この生食パンお取り寄せでも大人気。

しかし、私たちのお目当てはあくまで塩パンであった。

程よい塩味とバターの風味が絶妙な一品…。

到着した時にはまだ焼きあがっておらず、少々待つ事となった。

「生食パンもあるけどどうする?」となったが、この時買い求めた塩パンは帰宅後のお土産として買いに来ていたので見送る事になった。

そして肝心の塩パンの写真は無い。

無能め…と自分自身で戒めておくので許して欲しい。

焼き立てホカホカのパンを車内で分け合って食べた他は、親友ちゃんや自分たちへのお土産となった。

余談だが多分8個くらい塩パンを購入して、各々に振り分けたのだがどういう訳か塩キャラメルパンが数個混ざっていたそうだ。

私と親友ちゃんは2つとも塩パンだったのだが、塩味を期待して食べた他の家族は驚いたそう。(笑)

まぁ、「美味しかったけどな!」と感想を聞いたので良しとしよう。

思い出深いお土産をゲットした私たちが次いで目指したのは寒霞渓(かんかけい)。

瀬戸内海国立公園小豆島内にある四国屈しの絶景スポットである。

その道中サラッと観光スポットの中山千枚田を通過。

『八日目の蝉』のロケ地でもある。

ドライブするだけでも美しい場所だった。

道幅が狭くて駐車場所は無かったように思う。

話は戻るが、寒霞渓は小豆島の最高峰・星ヶ城山(ほしがじょう)と四方指(しほうざし)の間にある渓谷だ。

約3000万年前の火山活動から長い年月をかけて地殻変動や風化を繰り返し、侵食された奇岩が見所。

ここは本当に凄かった。

山頂付近にある2カ所の展望台の内、1カ所は想像を絶する光景が広がっていた。

真っ白な雲と同じ目線で見下ろすは遠く栄えた小豆島の町。

そして深い緑を蓄えた山々越しに海まで見通せた。

…そして何より柵が無い!!

凸凹と足場も悪い断崖絶壁には、強い風が吹いていた。

いや、絶景だけどスリル満点!(笑)

よくそんな端に立てるな!と高所恐怖症の私は思う…。

ちなみに、同じく高所恐怖症の母は笑顔ながら若干恐怖が勝っていたのか笑顔が引きつっていた。

それくらい迫力満点。

この日も太陽は燦燦と輝いていて真夏日和だったけれど、寒霞渓はとても涼やかだ。(強風)

おっかなびっくりながら眺めたこの景色は、雄大な自然を感じて圧巻だった。

柵が無い分、ダイナミックに自然を感じる事が出来るスポットだと思う。

私たち4人はそれぞれリアクションこそ違えど、全員がその見晴らしに魅了されていた。

今でもここからの景色の美しさは、インパクト込みでよく覚えている。

更にもう片方の展望台へ向かった私たち。

こちらはしっかりと整備されていて随分観光地らしい雰囲気で、最初に立ち寄った展望台とは似付かない賑わいだった。

先程のスポットは私たちの他に、あと1組ご夫婦がいたくらいだ。

一方こちらは、ロープウェイの終着地になっているらしく、車観光ではない人も大勢訪れているようだった。

それを証拠に、お土産屋さんなんかも充実している。

私たちは車だったが一応、ロープウェイ料金は往復で大人1,890円小学生950円。

営業時間08:00~17:00・駐車場無料・年中無休との事だが、今はご時世的に問い合わせた方が無難だろう。

深く切れ込んだ渓谷を行くロープウェイは空・海・渓谷を一度に楽しめるそうなので、それだけで価値がありそうだ。

そしてこの寒霞渓展望台には面白い施設があった。

はい、こちらどこか豪華なお手洗い。

「は?」と思うかもしれないが勿論ただのお手洗いでは無くて、ここは『1億円トイレ』と呼ばれているのだ。

どういう意味かというと、総工費1億円かかったトイレなのだとか。

だから通称『1