【岐阜県6】飛騨高山古い町並みと高山陣屋に江戸を感じた車中泊旅

高山陣屋 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

自粛が明けたタイミングで車を走らせて念願だった岐阜旅行へやって来た私と親友ちゃん。

大阪との気温差に驚いた寒い車中泊の夜を越えて、2日目の観光でやって来たのは飛騨高山の古い町並み。

宮川朝市での食べ歩きを経て、いよいよ雰囲気の良い町を歩き出した。

前回の飛騨高山グルメ食べ歩きの様子はコチラ

現在に現存している古い町並みは、商人の町として江戸初期から栄え始めたそう。

江戸の景観を現在に残す雰囲気抜群の町並みの特徴として見られるのは、写真にも写っている出格子だ。

道路側に面している部屋の多くは商品を陳列して客に見せる『ミセ』と呼ばれる部屋だったそうだが、80~90年前に店仕舞いした商店が多く、その際に出格子が取り付けられたそうだ。

ずらりと軒を連ねる商家の町並みは、同色の格子が取り付けられる事で日本特有の美しい風景を生んだのだ。

現在は雨どいが取り付けられる事も多く軒先が不揃いになってしまっているけれど、その昔は屋根から側を通っている水路に雨水がそのまま落ちるように建設されていたので、それはそれは規則的に軒が揃っていたらしい。

その姿を現在見る事は叶わないけれど、それでも赴きある雰囲気は損なわれていない。

もう歩いているだけで楽しい~!(笑)

ちなみに、古い町並みでは路上喫煙&ごみのポイ捨ては禁止。

わんちゃんのフンを放置するのも厳禁で、違反すると罰則を受ける可能性もある。

通常の町中でもモラルある行動を取っている人には特に気にする項目では無いだろう。

今これを読んでいるあなたもきっと気にしなくて大丈夫!

ただ一応そういう取り組みで美しい町並みを保っているんだな~程度で良いだろう。

と、ここで大行列が出来ているお店を発見。

飛騨牛握りの『こって牛』と言えば町歩きグルメで有名なお店だ。

「結構並んでるね…。」なんて会話を交わした私たちは、こって牛さんを横目に真向かいの飛騨牛握りのお店へ立ち寄った。

待ち時間大嫌いなせっかち気質…。

創業明治23年のお食事処『坂口屋』さん!

店頭で飛騨牛握りを受け取って、小さな出入口を屈み入ると何とも素敵な空間が待っていた。

奥にはお座敷のお食事処もガラス張りで覗き見えて、美味しい飛騨牛が提供されているのだろう事が分かった。

自然と期待値が上がる。

3種類ある握りの内、一番高価だった『飛騨牛プレミアム寿司』¥900円を奮発してしまった。

早速いただきます!

…めっちゃ美味しい!!!!

肉好きのふたりは静かに歓喜した(笑)

分厚くて肉感が凄い、しかも上質な脂がしつこくなくて舌に甘みが広がった。

もう噛まなくてもとろけるお肉…絶品でした、ご馳走様でした!

食べる事も旅も好きな私たちにとって、古い町並みは最高の観光地だ。

そう言えば、沢山あった地酒屋さんの軒に丸っこい物を見付けたのだが、どうやらこれも飛騨高山の古い町並みの特徴らしい。