【島根県・車中泊旅完結】玉造温泉にぶらっと立ち寄って天然高級化粧水と幸せだけ持ち帰ったアラサーの思い出旅話

日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、前回若干の哀愁を漂わせたアラサーフリーターmamuです。

2020年08月の思い出旅を振り返る日記も今回で最終回。

記憶を思い返しながらブログを書くのは脳トレになりそうだし、中々楽しいものだ。

少しずつ過去の旅を振り返ってみようかな。

さて良縁を願う事すら叶わなかった私たちは、只近いという理由から玉造温泉に立ち寄る事にした。

ただ、ここで思い出して欲しいのは私たちの旅は貧乏旅行だという事だ。

昨日極上の温泉津薬師湯に入浴できただけで大満足。

つまり、玉造温泉には入浴目当てで立ち寄る訳ではなかった。

私たちの目当ては美肌の湯と名高い玉造の源泉を持ち帰る事である。

目的地はここ、湯薬師広場・たらい湯!

無人の販売所が備え付きなので、私たちのようにフラッと立ち寄った手ぶら組にも優しい。

何かの旅番組で知った場所なのだが、想像よりずっと小ぢんまりとした場所だった。

狭い交差点の一角にポツンとあって一見分かり辛かった印象。

結構な交通量の交差点なので、路肩にちょっと駐車しておくという事も出来ないだろう。

近隣の駐車場に車を駐車して、改めて徒歩でやって来た。

私の日常には無い温泉地らしい雰囲気が非現実的でワクワクと胸弾む。

ただ源泉を汲みに来ただけで温泉気分を味わえるのだから、それだけで来た価値があると思った。

中央に設置された勾玉からは美人の湯の源泉が流れている。

私たちが到着する少し前には、地元のご婦人が巨大な瓶を持参して源泉を持ち帰っていた。

地元の方が持ち帰る程なのだから本当に良質なものなのだろう。

1300年も昔から美肌の湯と言われ、『一度洗えば、お肌キラキラ。二度入れば病も治る。』なんてうたわれている玉造温泉。

近年、製薬会社の化学分析で高級な化粧水レベルの泉質だと立証されたそうだ。