【島根県・車中泊旅3】巨木の化石、サヒメルと縁結びを願う事も許されないアラサーの思い出旅話

日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、今日も独身を謳歌しているアラサーフリーターmamuです!

今回も前回同様、島根県車中泊旅の続き。

時は2020年08月に遡る、思い出旅日記だ。

虫を避けて海を目指した私たちは、海の駅キララ多岐にて一泊。

そして、新たな朝を迎えて次の目的地へ走り出した。

目指すは『島根県立三瓶自然館サヒメル』、簡潔に言うと博物館である。

ここには前回も記載した家族旅行で足を運んで以来、約8年ぶりくらいの訪問だった。

この時の入館料は覚えていないが、基本的に大人400円小中高生200円。

特別展示がある際は600円~1000円との事。

私たちは確か400円では無かったという事だけ覚えている。

駐車場は広大なので滅多な事で満車にはならないだろう。

早速入館!

出入口ではコロナ対策の為の消毒液が準備してあり、身元が分かるように連絡先を記入する。

その際の対応や館内で見かける職員さんたちは、皆親切で気持ちのいい対応をしてくれた。

来観客の年齢幅は広い印象。

親子連れから若いカップル、ご夫婦まで様々。

展示内容は日本列島の成り立ちと三瓶山付近一帯の自然環境などが中心だが、プラネタリウムがあったり生物・宇宙・化石など本当に幅広い。

その上、展示の仕方が工夫されていて大人でもかなり面白いのだ。

例えば、この火山時空シアター。

三瓶山の成り立ちから、現在に至るまでの自然環境遍歴を大画面で教えてくれる展示だ。

これが、実際に見てみると大迫力で時間を忘れてしまう程だった。

とにかくド迫力…。

私たちは放映の途中に立ち寄ったのだが、思わず始めから見た。

まるで三瓶山の自然が自身に迫りくるように感じて、鳥肌が立ったのを覚えている。

アラサーの私たちでも目を輝かせて夢中になってしまう程だ。

この時たまたま運悪くプラネタリウムが中止になっていてションボリしていたが、通常展示だけで十分なクオリティー。

他にも化石コーナーには、私が好きなデスモスチルスの骨格標本が展示されていた。