【岐阜県4】岐阜ブルーと呼ばれる絶景の滝付知峡に感激した車中泊旅

水に浸されたキュウリやトマト 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

まだまだ続く岐阜の旅だが、1日目の観光はいよいよ今回で最後である。

自粛が明けたのを見計らい念願だった岐阜県へ深夜に車を走らせたのは、私とルームシェア相手の親友ちゃん。

SNSで有名になったモネの池、水の生まれる町郡上八幡を観光した後私たちが目指したのは美しいと噂の付知峡(つけちきょう)だ。

付知峡以前の観光の記録はコチラ

郡上八幡から次の目的地である付知峡まで下道で約1時間30分。

本当に良いお天気で淡いながら真っ青な空と山が美しい景色を見せてくれていたのだが、この日唯一見た雲も素敵なものだった。

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』をご存じの方なら頷いてくれるだろう。

青空侍こと井尻又兵衛由俊の旗印が青地に雲なのだが、それとそっくりな雲が浮かんでいた。

ドライブの道中、ただ空に浮かぶ雲にも嬉々と会話を弾ませる私たちは本当にこの時を楽しんでいた。

細い山道を進んで付知峡に到着したのは15時近くで、駐車場には沢山の車が停まっていた。

駐車場は無料!

この日は私たちより年齢層が高めのカップルが多くて落ち着いている印象。

と言うか、付知峡みたいな観光地にピチピチの若者がいる印象はあまりないな…綺麗なのに!

さて、早速ちょっとしたハイキングへ出発!

赴きあるお食事処が素敵だ~。

流しそうめんの看板に清流を眺めながらなんて楽しいだろうな、と食べないにも関わらずワクワクしたり(笑)

店先には、水に浸された艶々のトマトやキュウリ、ラムネとかなんでこんなに魅力的なんだろう!

奥の生け簀には、鮎が泳いでいて観光地らしい雰囲気は眺めているだけで楽しかった。

付知峡には1周800mの遊歩道があるのだが、先にスタート地点から10分くらいの距離にある不動滝を目指す事にした。

道は舗装されていると書かれていたけれど、けっこう凸凹している。

スタート地点付近の辺りは確かにしっかり舗装されていたけれど、進むにつれて段の不揃いな石段や凸凹な地面へと変化していくので靴は履き慣れていて汚れても気にならない物が良いだろう。

足腰に不安がある人や小さすぎるお子さんを連れて歩くには険しい道のりだと感じた。

そうでなくても、地面が濡れていたり落ち葉の上は滑りやすいので注意だ。

不動滝まで多分半分くらいの地点に流れるこの川が不動滝になるのだと、帰り道に気付いて感慨深かったのが印象的。

影から漏れる木漏れ日が揺れて、町中よりひんやりとした空気が爽やかだ。

森の雰囲気もなんだか絵本やジブリに登場しそうな光景に見えて滝を目指す道中も楽しかった。

ここからは石段を下るのだが、上から眺めた光景も何だか凄い…!

大きな滝音が間近に迫って、お目当てはもう直ぐなのだと思えば足は先に先にと急いだ。

付知峡は『森林浴の森日本100選』『岐阜の名水50選』『飛騨美濃紅葉33選』などにも選ばれている森なのだそう、色々な100選があるんだなぁ。

私たちが訪れた10月初めは、紅葉にはまだ早い様子だった。

チラリと見えた川の色が既に美しくて息を飲む。

この日、本当に沢山の綺麗な川を見て来たけれど「これが岐阜ブルーか…!」と戦慄したのである。

訪れた時間帯的に少し陽が陰ってしまっているが、それでもクリアブルーの色味は存分に輝いて見えた。

こういう色をした川を青川と呼ぶそうなのだが、日本各地色々な川や滝を見てきたけれどこんなにも鮮やかな滝は生まれて初めて見た。

もうめっっっっちゃ綺麗!!!

滝を望む展望台的な場所はもう目前。

中央に巨大な岩があって、苔がそれを覆っているのも何だか神秘的だ。

少し先にマダムがいらっしゃったので、モザイク処理しているがその先の川の色が見えるだろうか。

展望台から覗いた不動滝の景色は、やはり絶景としか言いようが無いものだった。

耳に賑やかな滝音が響いて深呼吸すれば、マイナスイオンたっぷりの冷たい空気が胸に広がった。

いや、本当にめっちゃ綺麗