【岐阜県5】飛騨高山の宮川朝市で食べ歩く車中泊旅

飛騨高山 古い町並み グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

自粛が明けたタイミングで憧れだった岐阜県へ飛び出した私と親友ちゃん。

神秘的なモネの池、小道まで水が巡る郡上八幡、名水県である岐阜の中でも屈指の美しさを見せる岐阜ブルーの付知峡不動滝…本当に美しい見所溢れる景色に夢中になった1日目はあっという間に終わった。

前回の観光の様子はコチラ

そして2日目の朝、私はスマホの時計をぼんやり眺めた後に跳び起きた。

7時30分起床予定だった筈が、アラーム音に気付かず2人で爆睡していたのである。

時刻は8時30分…。

急いで身支度を整えて先を急きながらも、明るくなって活気に溢れた道の駅は随分と魅力的だった。

と言う訳で、少し見て行く事に…(笑)

道の駅古今伝授の里やまとは、その敷地内に小川が流れていたりして少し立ち寄るだけでも楽しい雰囲気満載なのだ。

小川にもこれまた大量の鯉が泳いでいて、ちびっ子たちがキャッキャとエサやりしていた。

郡上八幡で遭遇した巨大鯉程の迫力は無いものの、めっちゃ活きが良い!

昨夜、道の駅内にある天然温泉を堪能した私たちだが、温泉に入浴せずとも足湯も完備されていて、そちらは無料で利用可能。

10月の始めにして息が白くなるくらいの寒い夜を車中泊で超えた私たちは、吸い込まれるように足湯に向かった。

そして、いそいそと足を浸して芯が冷えていた事に気が付いてしみじみと足湯を楽しんだ。

…寝坊したくせに(笑)

道の駅 古今伝授の里やまと・くつろぎ広場 足湯

・無料
・営業時間9:00~18:00

私たちが足湯に向かったのは営業開始した直後だったので、気忙しさ無くゆっくりと堪能する事が出来た。

旅にトラブルは付き物だ、寝坊したからこそ足湯に浸かる事も出来たので良し!

2日目の岐阜旅で私たちが最初に向かったのは、飛騨高山の古い町並み。

飛騨高山の古い町並み付近には4月~12月までの間、宮川朝市・陣屋前朝市という朝市が開催されていて、開催時刻は7:00~12:00。

車中泊した道の駅から目的地まで急遽高速道路を利用して1時間10分くらいのドライブ。

無事到着した時刻は11時を過ぎた頃…2ヶ所の朝市を観光する時間は無いので苦渋の選択でより魅力を感じた宮川朝市を狙う事にした。

久々に感じる賑やかな街中で、宮川朝市に近い市営かじ橋の立体駐車場に車を停めていざ飛騨高山観光へ!

街中でもやっぱり川が綺麗だ…!

駐車場から橋を渡って直ぐの所に宮川朝市は開催されていた。

間に合って良かった~(笑)