【和歌山県2】強風に煽られながらシチューを食べた後、神妙に高野山奥の院を観光した団体の思い出話

日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、現在ダイエット中につき激しい空腹と戦っているアラサーフリーターmamuです。

前回の続き、入れる世界遺産温泉つぼ湯を堪能した後の2019年03月31日へ遡る。

車内でお化粧を施す女性陣。

今はすっかり定番化した車中泊だが、20年前には珍しいものだった。

そんな昔から車中泊してきた私たち家族にはお手の物。

空はすっかり明るくなって、朝の清々しさが漂う。

そんな中、朝食を取る場所を探して出発した私たち。

しばらく走って、小高い遊歩道が食事場所に決まった。

土手のような歩道に桜が1本だけポツリと咲いていて、どことなく物悲しいと感じる場所だった。

何故そんな所に…と私たちも思ったが、決定したのは父である。

とりあえず、親友ちゃんが持って来てくれた巨大ブルーシートを桜の側に敷いた。

周囲に人の気配は無く、桜が風に吹かれる音だけが聞こえる。

…いや、風が強い!!!

本当にこの時は風が強かった。

花見客もいない本当の道端に、今にも飛んで行きそうに荒ぶるブルーシートを敷く団体の姿はシュールに違いないだろう。

つぼ湯でポカポカになったとは言え、まだまだ冷える春風が容赦なく吹き付ける。

感想としては、本気で寒かった。

持参したカセットコンロの炎が不安定に揺れる。

皆で円陣を作り炎を守りながらシチューを温めて、スクランブルエッグを作った。

トリミングしたので写真のサイズがバラバラで申し訳ない。

野外、しかも道端で調理だと!?と驚愕されるかもしれないけれど、繰り返すが人の姿は辺りに無い。

それに車中泊がまだまだ珍しい時代から私の家族はこんな感じなので、堂々としたものである。

とにかく強い春風にビュービューと吹かれていたので、余計にシチューの温かさが染みた。

これは余談だが、父の選ぶ食事場所は高確率で寒い。

何故か強風が吹き込む場所をピンポイントで選ぶ、不要な能力があるのだ。

友々島でお弁当を食べた所も強風で、置いていた卵焼きが転がった。

島根県では私のメロンパンが飛んだ。

不思議な事に、父が選んだ場所を一歩ズレるとピタリと止むのだから、たいしたものである。

辺りの風景はこんな感じ。

何処と聞かれても分からないけど、立派な鳥居と桜が綺麗。

その時は春風に震えていたが、今になるとこれも良い思い出である。

さて、食事を終えた私たちは、次の目的地を目指してブルーシートを畳んだ。

目指すは高野山、昔は女人禁制で山全体が境内だった場所である。

昼間になると気候も随分暖かく、お出かけ日和。

この日は高野山の中心、奥の院側を観光・参拝した。

訪れた事のある人はご存じだろうが、高野山の見所は本当に多い。

全てを見て回ろうと思うと1日仕事になるだろう。

駐車場は基本無料で沢山あるので、自身の目的地から近い場所を調べてみると何処かしら出てくる。

奥の院は世界遺産にも指定されている大正時代の寺院で、偉人たちが数多く眠る場所としても有名だ。

その巨大さを写真で伝えるのは難しいが、参道には空へ伸びる杉の木が立ち並んでいる。

調べてみると樹齢700年…。

この並木だけで圧倒された事をよく覚えている。

参道は歩いているだけで何処か異質で、壮観だ。

数度訪れた事のある私でも毎度幻想的に感じる。

初めて訪れた親友ちゃんは、杉の木を見上げて目を輝かせていた。

感想は「デカい、何か神秘。」との事。

相変わらずの感想に安心感。

奥の院の参道には墓石や慰霊碑がズラリと軒を連ねているのだが、その数は約20万もあるそうだ。

木漏れ日の中で苔を生やした石碑が佇む様は、長い歴史を思わせた。

そりゃ圧巻である。

日本史に明るくない人でも知っている偉人の名前。

この写真だと見え難いが、水輪と呼ばれる真ん中の丸い所に注目して欲しい。

ヒビが入って割れているのがお分かり頂けるだろうか。

何度立て直しても割れるそう。

これには噂があって”主君を裏切ったから”なんて、信長の祟りが囁かれているそうな…。

私はこの当時何の知識もなく「割れてるな…まぁ古いし」くらいに思っていたが、そんな噂があったなんて。

この時に戻ってもう一回見たい!!

勿体ない事をしてしまった…と書いている今思っている。

それとあれだ、ブログに載せる未来など想像していなかったので資料写真が圧倒的に乏しい。

これなんて本来見せたい場所と看板がモロ被りなのだが、家族を載せる訳にいかないので気になる人は現地で見てみよう!

とにかく、名だたる偉人たちの名前が続く。

参拝客の客層はご高齢から家族連れまで様々だったが、大きなカメラを手に熱心に写真を撮る歴史好きさんが目立っていた。

歴史に関心のある人にとっては、聖地巡礼のひとつになるのかもしれない。

何にせよ好きな物事があるというのは素敵な事だ。

何故斜めなのかよく分からないが、道は平坦だった。

明らかに私の雑さが伺える。