【和歌山県2】強風に煽られながらシチューを食べた後、神妙に高野山奥の院を観光した団体の思い出話

日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、現在ダイエット中につき激しい空腹と戦っているアラサーフリーターmamuです。

前回の続き、入れる世界遺産温泉つぼ湯を堪能した後の2019年03月31日へ遡る。

車内でお化粧を施す女性陣。

今はすっかり定番化した車中泊だが、20年前には珍しいものだった。

そんな昔から車中泊してきた私たち家族にはお手の物。

空はすっかり明るくなって、朝の清々しさが漂う。

そんな中、朝食を取る場所を探して出発した私たち。

しばらく走って、小高い遊歩道が食事場所に決まった。

土手のような歩道に桜が1本だけポツリと咲いていて、どことなく物悲しいと感じる場所だった。

何故そんな所に…と私たちも思ったが、決定したのは父である。

とりあえず、親友ちゃんが持って来てくれた巨大ブルーシートを桜の側に敷いた。

周囲に人の気配は無く、桜が風に吹かれる音だけが聞こえる。

…いや、風が強い!!!

本当にこの時は風が強かった。

花見客もいない本当の道端に、今にも飛んで行きそうに荒ぶるブルーシートを敷く団体の姿はシュールに違いないだろう。

つぼ湯でポカポカになったとは言え、まだまだ冷える春風が容赦なく吹き付ける。

感想としては、本気で寒かった。

持参したカセットコンロの炎が不安定に揺れる。

皆で円陣を作り炎を守りながらシチューを温めて、スクランブルエッグを作った。

トリミングしたので写真のサイズがバラバラで申し訳ない。

野外、しかも道端で調理だと!?と驚愕されるかもしれないけれど、繰り返すが人の姿は辺りに無い。

それに車中泊がまだまだ珍しい時代から私の家族はこんな感じなので、堂々としたものである。

とにかく強い春風にビュービューと吹かれていたので、余計にシチューの温かさが染みた。

これは余談だが、父の選ぶ食事場所は高確率で寒い。

何故か強風が吹き込む場所をピンポイントで選ぶ、不要な能力があるのだ。

友々島でお弁当を食べた所も強風で、置いていた卵焼きが転がった。

島根県では私のメロンパンが飛んだ。

不思議な事に、父が選んだ場所を一歩ズレるとピタリと止むのだから、たいしたものである。

辺りの風景はこんな感じ。

何処と聞かれても分からないけど、立派な鳥居と桜が綺麗。

その時は春風に震えていたが、今になる