【富山県】真夏の黒部峡谷に行ったら虫天国だった過去旅リポ2観光編

黒部川 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

前回黒部峡谷トロッコ列車の感想と虫の多さについて綴った。

お目通し頂けていない場合はコチラ

と言う訳で、今回はいよいよ黒部峡谷観光編スタート!

家族会議を済ませて漸く歩き出した私たち家族一行。

人懐っこい虫たちの歓迎に無様に絶叫しながらも、先へ進んだ。

あの時いらっしゃった方々…本当にお騒がせしました、すみません…!

「うわぁ~!見てめっちゃ綺麗きゃあああっ!!!!」みたいな調子だったが、結構現金なタイプなのでしっかり景色を堪能する私と母。

平然と進む父と弟の背に遅れぬように進みながらも、その内に恐怖心は薄れて行った。

遊歩道はアドベンチャー感満載のワクワクスポットが盛り沢山だったのである!

それともうひとつ、黒部川に沿って伸びる遊歩道では昆虫の出没率がグンと減ったのだ。

昆虫密集地は欅平(けやきだいら)駅周辺に密集している様子。

いかんせん過去の記録なので、現状が違っていたら申し訳ない。

遊歩道の途中には歩行者用の道幅が狭いトンネルがいくつかあって、外壁を水が流れていた。

もうめっちゃ楽しそうじゃないだろうか。

しかもこのトンネルの小窓から見える景色がこれまた絶景なのだから堪らない!

もう瞳が輝きまくる私たち。(笑)

小窓からの景色がコチラだ。

滴る雫がキラキラと輝いていて、奥にはカーブを描く川の流れ。

ずっと見ていたいくらい私的には胸に来る景色だった。

とは言え、本当に道幅が狭いのであまり立ち止まれないのだけど一瞬で魅了されてしまったのだ。

トンネル以外の遊歩道の景色も気持ちのいい風景ばかり。

右手にエメラルドグリーンの川を、左手に無骨な岩肌を見ながら峡谷を進む。