【岡山県女子車中泊旅】迫力満点の断崖にある井倉洞は洞内に滝があるワクワクスポットだった!

井倉洞出口の休憩スペース 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

これは、国内を車中泊旅するのが趣味で日本各地を 巡る仲良し親友の二人が旅した2022年05月の記録である。

前回全てがベンガラ色で美しい吹屋ふるさと村を散策した私達は、次いで冒険感抜群の洞窟 井倉洞を目指した。

スポンサーリンク

井倉洞までの道中も凄い!

吹屋ふるさと村から車で約40分、井倉洞の第一無料駐車場へ到着!

井倉洞には2ヶ所の無料駐車場があるのだが、オススメは第一駐車場だ。

近さを重視するなら第二駐車場の方が近いけれど、駐車場から徒歩約5分程の道程の途中にD51が展示されているからである!!

昭和18年に製造され”デゴイチ”という愛称で親しまれた蒸気機関車D51838!

鉄道関係の知識に明るくない私でも耳にした事のある響きに感激してしまった。

お召列車を牽引したこともあるそうな。

特別鉄道好きでは無い私達でもテンションが上がったのだから鉄道好きさんには堪らない場所に間違いないだろう!

さて、D51を左手に進んで行くと見えてくるのは高くそびえた断崖絶壁。

写真でどこまでこの迫力をお伝え出来ているか分からないが、曲がり角の先に唐突に現れた景色がこれだったのでそのダイナミックな迫力に圧倒された…。

絶壁の高さは何と240m…ビルに換算すると約45階建てと言えばその巨大さが想像しやすいだろうか。

目的である洞窟以前に力強い自然にワクワクと胸が弾む!

井倉洞の手前にはそんな断崖から溢れ出た立派な滝を望むことが出来た。

岩肌の色味が白っぽいのはどうやら石灰岩だからなのだが、太陽に照らされ滝の水飛沫も反射していてめちゃくちゃ綺麗…。

とにかく圧巻の出で立ちにもうテンションが上がりっぱなしである(笑)

井倉洞は絶壁に入口があり洞内には3つの滝がある…もう既に冒険感満載じゃないか!!

私達はしきりに井倉洞峡谷の景色に感激した後に軽い足取りで洞窟へと挑んだ。

井倉洞潜入!!

味のある販売機でチケットを購入、貼られている注意書きからドキドキと胸が高鳴った。

どうやら500円でヘルメットをレンタル出来るらしい…冒険だ!と息巻いている私達だが、想像以上に険しい道程なのか…?

注意書きの内容は『洞内は一方通行です。
・高低差90m 距離1200mあり、階段が多くあります。
(高さ40m「階段があります」 距離1/3の所に近道があります。)
高齢の方。 障害をお持ちの方。 心臓疾患の方。
妊婦の方。 は注意して下さい。』

……との事だが、実際に訪れた感想として御高齢の方とか妊婦さんとか足腰が弱い方とか本当に危険だと思う。

結論から言うと私は洞窟内で転けた。

それはmamuが鈍臭いからだと言われればその通りなのだけど、万一転けたのが前記の人だとしたら…と言う訳で重々注意してください!

洞窟内を存分に探索する為に汚れても良い格好、しっかりとした滑らないスニーカーで挑むべし…私はそれでも転けました!

……さて、入場料を支払っていざ井倉洞探検!先程より更に近い距離で滝を見る事が出来た。

見下した川も綺麗だ。

入口へ続く道の雰囲気から既にワクワクが止まらない。

井倉洞の入口はその規模から想像するよりもずっと小さく、少し屈んで入るくらい狭かった。