【女子車中泊旅】憧れの温泉地 草津温泉は規模も雰囲気も最高だった!

夜の草津湯畑 日本旅
スポンサーリンク

2023年5月、大阪を出発したのは22時を過ぎた頃……群馬県を目指して片道7時間30分のドライブが始まった。

これはルームシェア相手の親友ちゃんと車中泊で旅するのが趣味の私が、移動も合わせて5泊6日で群馬県を堪能した旅の記録である!

群馬県旅4日目を迎えた私達は草津熱帯圏にて爬虫類とフワフワ動物達に癒された後に車で数分の草津温泉地を目指した。

一応前回の様子はコチラ

スポンサーリンク

草津温泉…の前に

私達は草津熱帯圏を堪能にした後に、上州牛が味わえる焼き肉屋さんへランチに行った。

和牛焼肉

では何故今回ランチを割愛したかと言うと……純粋な”肉”の好みの問題!!!!

上州ざぶとんやカルビは脂が甘く柔らかく溶けて美味しかった。

ただ、十人十色の味覚で私個人が好きな肉は飛騨牛であるのだと自覚した瞬間となったのだ。

同じブランド牛としてかなり期待していた私、その上最近こってりした肉が沢山食べられなくなってきた悲しき現実も重なって個人的にそんな私でもバクバクいける飛騨牛に軍配が上がった。

これは肉好き食いしん坊にとって由々しき事態だが、上質ながらこってり脂の乗ったお肉を悲しいかな……後半食べられなかった。

御歳29歳吾輩も年かな……とか言ってる私の前で年上の親友ちゃんは美味しい美味しいとバクバク食べていたので繰り返すが本当に個人的な感想だ。

私とは反対に上州牛に軍配が上がる人も大勢いるだろう、だって美味しいから。

だが、私の中でハードルを越えなかったので文章としていつものように正直に感想を書くと「美味しい、美味しかったけれど…!」という他ないので割愛という形にした。

それに上州牛だと意識して食べたのは今回が初めてだし、長い人生まだまだこれからどう変化するかなんてわからないと思っている。

さて、続いて私達が草津温泉街に到着したのは昼過ぎだったのだがこの日は生憎の雨模様だった。

勿論雨の温泉街の写真も沢山ある!……が、翌日の晴れた景色をお届けしたいのでこちらもサクッと割愛します!

ずっと憧れていた温泉街に来た私達は悪天候をもろともせず全力エンジョイし、写真にてガッツリ満面の笑みで写っているというのも割愛の大きな要因である……。

じ、邪魔〜………めっちゃ嬉しかったんだ……。

大滝乃湯いざ入浴!

雨の中大きな湯畑を通り過ぎ、細まった温泉街を行く。

と言うか、草津温泉へ続く道はほとんど細い坂道だった。

草津温泉……目的地に向かって歩くだけでかなり息切れした。

草津温泉街

坂道だらけの草津温泉は海抜1200mに位置していて、街中より酸素が薄いのか何かめっちゃ疲れる!!(笑)

他に特出している所といえば気温!大阪で5月の平均気温が25℃なら草津温泉5月の平均気温は11℃と肌寒く、私も親友ちゃんもガッツリ厚手の上着を着込んだ。

周りの人達もしっかり防寒していたので、5月に草津温泉を訪れる際はダウンとかの上着を持っていると安心!

さて、私達がやって来たのは日帰り温泉施設『大滝乃湯』!

大滝乃湯の外観

18時近い時間帯で沢山の入浴客で賑わっていた。

館内も清潔感があって素敵〜!

大滝乃湯内観廊下

早速お邪魔します!

お湯は美人の湯と名高い煮川源泉から引かれていて、泉質は酸性硫黄泉pH2.1の強酸性。

小銭を数日お湯に浸けていると溶けてしまうと言われるくらい強い酸性らしい……凄い。

他にはアクセサリーや白い服、タオルが温泉成分で変色したという話も聞いた。

効能は神経痛、関節痛、打ち身、捻挫、火傷、慢性消化器病、病後回復期、美肌、 慢性婦人病などなど沢山。

さっぱりした所で湯船に浸かれば、坂道に疲れた身体に温泉がじんわり染みた。

温泉は無色透明ながらふんわり香る温泉の香り……肌触りはしっとりぬるぬるで最高!

広々とした湯船に混雑も感じずリラックス出来る〜。

草津温泉のお湯は熱いと聞いていたが確かに熱かった、普段40度くらいのお湯に入っている筈なのだが……それより熱かった気がする。

もしくは雨と唐突に下がった気温に身体が冷えていたのかもしれない。

……だがしかし、大浴場はまだまだ熱湯初心者に優しい温度だったのだと後に知ることになる……。

ちなみにシャンプーやボディーソープ等は完備です!

この日は雨の為残念な事に露天風呂には入れなかった、冷たい風を浴びながら露天風呂……絶対最高だったのにッ!悔しい………!!が、とりあえずたっぷりと大浴場を堪能してから私達は意気揚々とお目当ての場所を目指した。

大滝乃湯名物『合わせ湯』!!!

合わせ湯とは草津の熱い温泉に慣れる為にぬるい温度の湯船から徐々に温度の高い湯船へと1分ずつ入浴していく方法だ。

正式には42度から46度へ38〜40度から44度へと1分ずつ入浴するのが正しい方法らしいが、まずもって初心者には無理である。

そしてその合わせ湯が雰囲気抜群なのだ!

大滝乃湯の雰囲気は公式HPで!

私はずーっとこの温もり感じるレトロモダンな木目調の温泉に憧れていたのだ!

大浴場ともまるで雰囲気が違っていて、合わせ湯にやって来た私達はそれは良い笑顔だったことだろう。

その特有の内観から映画テルマエ・ロマエ2のロケ地にもなったそうだ。

女湯の湯船は手前からぬるめで38度~40度、42度、44度、46度と高さが違う湯船が階段状に連なっていた。

壁に設置されていた時計を確認しながらいざ入浴!!

1段目は、大浴場より随分とぬるい温度で気分は温泉の香りの温水プール………と思っていたが40度って普通に熱いよな。

2段目は42度、1分だと物足りないくらいずーっと浸かっていられる……心地よいと感じる体になっていた。

3段目は44度、大浴場より少し熱い……が、まぁ入れない事は無かった。

私達は落ち着いた素振りでヒソヒソと「凄いなぁ」なんて言い合いながら内心大はしゃぎしていた。

憧れだった温泉に浸かっている事も、温泉地特有の入浴方法も実にワクワクする!

徐々に熱さに慣れる入浴方法に心底感心しながらやって来た4段目。

いやっ……めっっっちゃ熱いっ!!!!!

湯船に足首くらいまでつっこんで私達はその熱さに恐れ慄きたじろいだ。

あ、合わせ湯したのに熱いやん……!

大人だからグッと堪えたが本当はトムとジェリーのトムみたいに叫びそうだった。

先程まで熱に体が慣れたと思っていたのは錯覚か……?折角ここまで来たのだし完全制覇したいと意気込むも私と親友ちゃんの足は靴下を履いているみたいに赤かった。

私達は合わせ湯の4段目を前に無念に散り、草津温泉の熱さを思い知ったのであった。

ただ、雰囲気も泉質も本当に最高でお肌もツルツルになりました!(笑)

そしてここからはちょっとした注意事項!

脱衣室には鍵付きのロッカーがない。

なので貴重品の持ち込みは控えるべきだ、私達は事前にそれを知っていたのでお風呂セットと入湯料の小銭をポケットに持つラフなスタイルでやって来た。

私達が入浴後外に出ると脱衣室で窃盗が起こったらしく辺りが慌ただしい雰囲気だった。

勿論窃盗を働く方が悪いが、折角の旅の思い出が悲しいものにならないためにこちらも気を付けようと思った出来事だった。

夜の湯畑!

草津温泉のシンボルと言えばやはり湯畑だろう。

湯冷め知らずの大滝乃湯で身体の芯まで温もった私達は、日没から24時までライトアップされている湯畑を目指した。

相変わらずの雨と坂道で滑りそうになりながら歩く事約5分、私達の目に見えたのは昼間とはまた違った幻想的な光景だった。