【島根県・車中泊旅】世界遺産 石見銀山と大森の町並みを堪能したアラサーの思い出旅話

日本旅
スポンサーリンク

この旅は2020年08月、緊急事態宣言が発令されていない間に息抜き車中泊旅に出た過去の思い出話である。

どうも皆さんこんにちは、旅大好きアラサーフリーターmamuです!

旅の道連れ相手は、運転も担当してくれる親友ちゃん。

親友ちゃんは旅も運転も大好き。

私とは性格が真反対の親友ちゃんだが、旅好きは数少ない共通点だ。

何処へ行こうか…私たちの旅は基本的に貧乏旅行。

しかし行きたい場所は山ほどある。

話し合いで決めた行き先は島根県・石見銀山。

そうと決まれば、いざ島根県へ!

旅を後押しするように、真夏の空は快晴でドライブ日和。

この日は本当に天気が良かった。

窓から見える空も海も緑も、太陽に照らされてイキイキしている。

コロナ自粛が続いていたので、車窓を流れる景色を眺めているだけで自然と胸が高鳴った。

ハンドルを握る親友ちゃんも、めっちゃ楽しそう。

私も親友ちゃんも石見銀山を訪れるのは初めてでは無かったが、何度だって旅をするのは楽しいものだ。

石見銀山をマイカーで訪れた場合は、石見銀山駐車場(ふれあいの森公園)に無料で駐車できる。

他にも二か所ほど無料駐車場があるようだが、私たちはナビに従いここに駐車した。

かなり広大な敷地だったので余程じゃない限り満車にはならないと思う。

ついでに世界遺産センターも併設されているので、観光前に立ち寄ると知識が深まって楽しさも膨らむだろう。

なんて言っておきながら、私たちは世界遺産センターを秒で出た。

観光の中心地まで行くシャトルバスが「もうすぐ出発しますよ」と、案内受付のお姉さんに教えて頂いたのだ。

そしてこれを書いている今、私は衝撃を受けている。

この時は知らなかったが私たちが選んだと言うか……ナビが選んだ駐車場は最も観光地から遠い場所だったらしい。

観光中心地まで徒歩約15分シャトルバスで約7分。

考えてみて欲しい、真夏の日差しを。

まだ観光も始まっていないのに、汗だくにはなりたくなかった。

運賃200円を支払う事に何の疑問も躊躇もこの当時の私は持っていなかったが、世界遺産センターを秒で去るなら何の為にあそこに駐車したんだろう。

完璧に私たちの下調べ不足である。

調べてみると他にある駐車場は小規模ながら観光地とほど近い立地にあり、シャトルバスに乗る必要は無さそうだ。

まぁ、今にしてみるとシャトルバスも楽しかったので良い思い出という事で。

中心地にやって来た私たちはレンタサイクルを利用する事にした。

天気が良いのは本当に気持ちが良いけど、兎に角この日は暑かった。

石見銀山は観光地が広大なので、それも理由のひとつである。

バスを降りるとすぐの所にレンタサイクルのお店があった。

普通の自転車500円、電動自転車は700円。

親友ちゃんはさて置き、私は平均以下しか体力が無いので私たちは電動自転車を選んだ。

ここで店主のオジサンとちょっとした世間話。

「コロナの影響で大変だから遠くから来てくれて嬉しい」と言ってくれた。

そんな事を言われると此方も嬉しい。

返却された自転車を消毒しながら汗を流すオジサンの姿が印象に残っている。

私は電動自転車初心者だったのだが、オジサンが丁寧に教えてくれて安心した。

どんくさい私でも乗りこなせたので、補助輪が取れている人なら乗りこなせるだろう。

そんな訳で、自転車で目指すは石見銀山遺跡、石見銀山で最も有名な観光名所の坑道だ。

電動自転車で快適に閑静な住宅地を行く。

側溝に流れる水が太陽に照らされてキラキラ光っていた。

そんな調子でのどかな風景を抜けると、道路は山の中へと続く。

左手に川のせせらぎを聞きながら、木のトンネルの中を走るのは実に気持ち良かった。

道中ヘビに出会ったりと爬虫類好きの私としては嬉しいハプニングもありながら、約10分程で到着。

大人410円を支払っていざ進む、ちなみに子供は210円。

石見銀山遺跡は2007年に世界遺産に登録された