【広過ぎる駐車場は危険?】私が車中泊する時に気を付けている事や防犯対策まとめ!

公園の駐車場 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

前回、ライトに車中泊を楽しむ為に私達が使っているグッズをご紹介した。

そして今回は、年間10回程 1回につき1泊〜4泊する私達が車中泊する際に気を付けている事柄をご紹介していこうと思う。

今迄『車中泊楽しいよ!誰でも出来るよ!』とお伝えした手前、リスクもまとめた方が良いだろうと思ったのだ。

私はルームシェア相手の親友ちゃんと女2人で車中泊を楽しんでいるが、車中泊中に想定される犯罪については人数や性別に関わらず対策していた方がより安心して楽しむ事が出来るだろう!

スポンサーリンク

車中泊場所の選び方

まず、車中泊をするのにどんな場所を選べば良いか私達の基準をまとめてみる。

安全性を考慮するなら、車乗り入れ可能なキャンプ場や車中泊に特化したRVパーク等のしっかりと料金が発生する場所だろう。

•キャンプ場

メリットとして周りはアウトドアを楽しむお仲間が沢山、人によって管理されているし人の目がしっかりある所だ。

場所によっては数百円でゴミ出し可能だったり、車中泊中地味に困るゴミ問題も解決してくれる!

コインシャワー等の入浴施設もあったりするので、キャンプ場に到着してしまえば車中泊中の悩みは大体解決する。

•RVパーク

RVパークはキャンプ場とは違い、車中泊に特化した施設だ。

営業形態は様々で、温泉旅館の駐車場の一角や温泉観光地の駐車場の一角等を1泊何千円で貸出してくれているサービスである。

RVパークとして登録するには以下の条件があるのだが車中泊者に特に嬉しいものは、24時間使用可能なお手洗いがある、近くに入浴施設がある、ゴミ処理が可能、ポータブル電源を使用している本格派の人にも嬉しい100V電源が使用可能。

運用している施設先により様々な特色があるのも特徴で、例えば温泉宿のRVパークだったら宿の温泉入浴が可能だったり、キャンプ場が運用していれば焚火が可能な事や洗い場まで使用出来たりする!

代わりに禁止事項もそれぞれなので、利用する際はしっかりチェックしてマナーを守ろう!

さて、安全性を考慮するなら料金が発生する場所での車中泊が一番だが翌日の目的地に近い場所が良かったり目的によってはどうしても利用出来ない事がある。

その場合は車中泊可能な道の駅を利用している。

と言うか、私達の場合その殆どが道の駅を利用している。

•道の駅

その際に気を付けている事は、まず車中泊が禁止ではない事を前提として駐車場のキャパが狭過ぎず広過ぎない場所である事。

車中泊者が少な過ぎない(他に誰もいない等は論外)人目がある場所である事。

長時間ではないにしても、駐車場をお借りする立場なのであまり狭いと申し訳なく感じる上に、同じ車中泊者だと思っていた相手が変質者だった場合、異変に気付いてくれる人が必然的に少なくなってしまうからだ。

ならば広ければ広い方が良いのでは?と思うかもしれないが、それはそれで危険だったりする。

と言うのも、駐車場が広いと真夜中に暴走族が集会を始めたりするのである。

これはめちゃくちゃ怖い!!!

想像してみてほしい、真夜中眠っていると響く爆音……自身の車の周りをグルグル回るバイク……そんな経験は避けたい。

事前に道の駅の口コミを参考にするのは勿論だが、見分け方として明るい内に地面にタイヤ痕が複数残っていないかチェックするのが大切だ。

その上で立地等も考慮すると安全性がぐっと増すだろう。

例えば、道の駅近くに峠があったりすると夜間騒がしい可能性がある。

逆に道の駅の中には、目の前が交番だったり近くに警察署があったりする場所もあるので地図上で確認しておこう!

そして次は、私達が絶対に選ばない場所のご紹介。

•公園の駐車場

車中泊者の中には別に全然平気だよと言う人もいるかもしれないが、あくまでも私達が車中泊場所として選ばない理由を綴ろう。

私はルームシェア相手の親友ちゃんと2人で車中泊をしているので、女性だけだと防犯面でのリスクは多少上がる。

それを踏まえた上でまず公園の駐車場は、同じ車中泊者が道の駅に比較して少ない。これは上記した通りその分人目が少ないので不安要素だ。

もしも何かあった時、私達の他誰もいないというのはやはり怖い。

次に私達が公園の駐車場を選ばない理由として、24時間誰でも立ち入る事が出来るというのがある。

それを言うなら街中にある道の駅も同じなのだが、車中泊を目的にした人が夜間滞在している事が多い道の駅と比べ公園はジョギングする人や花見ばりにアルコールを飲んでいる人まで様々な人が利用する。

そういった環境で車中泊するのは、ちょっとばかり心許ないものだ。

そして最後に、公園は誰でも24時間利用出来る特性からガラの悪い集団や暴走族等の怖い集会と出会ってしまう確立が上がる……。

勿論、多くの車中泊者が利用している公園もあるし100%だなんて言わない、ただリスクが上がってしまう可能性があるので最初から避けているといった具合だ。

車中泊中というのは、ただでさえ無防備なので自分達で気を付けられる事は気を付けるのが一番の防犯対策だろう。

夜中のお手洗いについて

車中泊に欠かせないのが24時間利用可能なお手洗い!

出物腫れ物所嫌わず……車中泊中どんっっなに面倒でもこればかりは致し方ない……(笑)

そこで女性2人で車中泊している私達が実施している防犯対策を綴ろう。

まず基本としてシンプルに、絶っっっ対に1人でお手洗いに行かない!!!

相手が爆睡していても「漏れる」と迫真で叩き起す!!(笑)

勿論自分が爆睡している時、どれだけ睡魔に襲われてフラフラであろうとも同行する!

誰でも自由に利用出来る24時間トイレの存在は本当に有り難い、反面外から見えない個室に誰が潜んでいても分からないのだ。

例えば誰かが個室に潜んでいたとして、2人で来た人間と1人で来た人間のどちらを選ぶだろう?

次に実施している防犯対策は、2人体制で常にスマホを持っている事。

夜間のお手洗いの際は、緊急連絡出来るように常に110を押してすぐに通報出来るようにしている。

咄嗟の出来事に対応するなら後は通話ボタンを押すだけ!くらいシンプルな方が良いだろうと思う。

その上で念には念を入れて催涙スプレーと防犯ブザーも持ち歩いている。

夜間なので誤作動すると迷惑だし、かなり気を使うがお守りみたいな感じで持っていると安心感がある(笑)

催涙スプレーに至っては、テストの際に間抜けにも誤射してしまい咳込み泣き崩れた。

今後もその威力を発揮する場面は来ないで頂きたい。

アイマスクや耳栓についての見解

よく車中泊をしている人のブログ等を覗いていて必需品として登場するのがアイマスクと耳栓だ。

確かに、車中泊とは自宅で眠る程環境が良いものでは無い。

カーテンやサンシェードから漏れる太陽光や夜間でも明るく照らす電灯の光、夜間中響く大型トラックのエンジン音……一度気になると、とにかく落ち着かない環境である。

私は親友ちゃんより音に敏感であり、性質的に車中泊中の物音は気になる方だ。

ただ、私達が車中泊する際にアイマスクと耳栓を使用しているかというと答えはNO。

アイマスクと耳栓を使用している人にどうこう言うつもりは一切ない!そもそも車中泊のスタイルはそれぞれだし、本人が快適だと感じるやり方で良いと思っている。

それを踏まえた上であくまでも参考までに私の見解を述べると、アイマスクや耳栓の着用は防犯的に考えるとあまりよろしくないんじゃないかと感じるのだ。

車中泊中に気になる外の音も光も、何も見えない車内から現状を知る立派な情報ではないだろうか

例えばアイマスクと耳栓をして眠っていたとして、誰かが扉を開けようとしている音に気付かないままなんてめちゃくちゃ怖くない……?

お手洗いにふと目覚めて車を出た時、集まっていたバイクのエンジン音に気付かずに鉢合わせ……とか怖くない!?!?

これはあくまでも例え話で私達が実際にそんな状況に陥った事は無いけれど、車中泊をしている人の中にはそのような体験をした人が実際にいるのだ。

他にも、夜中に外から複数人の声がして『女を探せ』『覗いて回ろう』と車を囲まれた等……。

私達自身そのような体験はしたくないし、誰も体験しないで欲しい。

考えるだけで恐ろしいが、ただ万一そういった場面に出会ってしまった時アイマスクや耳栓をしていない方がいち早く気付いてより早い通報が出来るんじゃないかと思うのだ。

車で出来る防犯対策

•鍵を閉める

目の前の自販機にちょっと飲み物を買いに行くだけ……そんな場面でも車を離れる際は必ず鍵を施錠する!

せっかくの旅先で盗難なんてトラブルは避けたい。

そして、勿論車に乗っている状態でも常に鍵は閉めていよう。

頻繁にお手洗いに出るし……なんて油断している隙に誰かが乗り込んで来たらそれこそ危険である。

•カーテンをする

夜のコンビニを思い浮かべてほしい、明るい店内から外の様子は見えないけど暗い外から店内はよく見える。

夜間車内でランタン等を使っていると同じように車内の様子は丸見えなのだ。

それを避ける為にも目隠しになるカーテンやサンシェードは必需品である。

•貴重品を持ち歩く

車上荒らしのリスクを下げるためにも貴重品は持ち歩いた方が良いだろう。

お手洗いの度になんて正直面倒かもしれないが、私達は必ず持ち歩くようにしている。

特にスマホは何があっても持ち歩く!

何か身の危険を感じたらすぐに通報出来るようにしておくと安心だ。

•ドライブレコーダーとステッカー

ドライブレコーダーは走行中の安全対策としても優秀なので取付けている方が安心!

その上で『ドライブレコーダー作動中』等のステッカーを貼っておくと更に抑止力になるだろう。

もし愛車に直接ステッカーを貼る事に抵抗がある場合、強力マグネットタイプのものもダイソー等で購入出来るのでオススメ!

•防犯ブザーや笛

大音量を響かせる防犯ブザーは、不審者を怯ませる効果もある!

身の危険を感じた際に周囲に異変を知らせる為にも持っていると安心だろう。

まとめ

という訳で今回は実際に女2人で車中泊している私達が実践している防犯対策について綴ってきたが如何だっただろうか?

これを読んで『車中泊怖いやん……!!』となってしまったら本当に申し訳ない!!!

私は、別にあなたを脅かしたくてこれを書いたのでは無い!備えれば楽しく車中泊出来るんだよと言いたいのだ!

ワクワクしながら車中泊に挑戦する人に万一にも怖い思いなんてして欲しくない。

私は何事もリスク込みで知りたい質であり、調べた結果色々怖い車中泊体験を知ったのでとにかく自分達で出来る対策をしている。

なので、誰が貴様らなんぞ狙うか!!過剰防衛!!等のお言葉はスルーさせて頂きます(笑)

また、こんな対策もあるよ!とか、これも気を付けた方がいいよ!等があれば是非是非教えて頂きたい!!

という訳で、ここまでお目通し頂いたあなたの何かの参考になれば幸いです!

【いまだけ2000円OFF】 ガラス越しに撮れる車載専用防犯カメラ 車上荒らし ガラス越し 車載 動体検知 防犯カメラ カーセキュリティ 自動車専用 家庭用 自動車用 あおり運転 電池式 電源不要 赤外線 イタズラ 駐車場 ワイヤレス 録画 車内 無線 監視 小型 対策 防止 盗難

価格:17,800円
(2023/4/26 20:32時点)
感想(190件)

防犯ブザー 防犯アラーム 防滴 大音量 大人 女性 生活防水 小学生 全国防犯協会連合会推奨 交通安全 シルバー 雨に強い 単4電池使用 薄型 プチアラームS 災害 登山 SOS 子供 児童 護身 【プチアラーム3 PAW-35】

価格:1,580円
(2023/4/26 20:40時点)
感想(572件)