【女子車中泊旅】爬虫類 動物好きには堪らない!草津熱帯圏がめちゃくちゃ楽しかった!

草津熱帯圏天井 日本旅
スポンサーリンク

2023年5月、大阪を出発したのは22時を過ぎた頃……群馬県を目指して片道7時間30分のドライブが始まった。

これはルームシェア相手の親友ちゃんと車中泊で旅するのが趣味の私が、移動も合わせて5泊6日で群馬県を堪能した旅の記録である!

志賀草津高原ルートの雄大な自然に圧倒されるドライブを楽しんだ私達は、群馬県旅の3日目を終えて4日目を迎えた。

一応前回の様子はコチラ

スポンサーリンク

草津熱帯圏

群馬県4日目、11時頃に到着したのは草津熱帯圏!

草津熱帯圏入口

この日は生憎の雨模様だったが、駐車場は満車に近く大盛況のようだった。

何とも味のある案内図だ、イラストの動物達がゆるくて個人的に好き(笑)

草津熱帯圏館内地図

早速チケットを購入して入場すると館内もイラスト同様に味たっぷりで、通路に小ぢんまりと設置されていたゲームコーナーからは昭和の香りがした。

草津熱帯圏のゲームコーナー

さて、案内看板の通り順路を進むと先に見えてきたのはモンキーパラダイスなる日本猿コーナー。

近くにはお猿さんのご飯が1皿100円で販売されていた。

猿のエサ

小雨とはいえ雨の中でもお猿さんはめちゃくちゃ元気で、ご飯を貰おうと飛んだり跳ねたり手を振ったり愛嬌抜群である。

走り回り盛り上っている様子を写真で伝えるのは難しいが、ご飯フィーバーしているお猿さんの様子はこんな感じだ(笑)

ニホンザル

塀と堀があるので直接触れそうな距離にいるという事は無いけれど、あれだけ盛り上がってくれると嬉しい限りである。

そんなお猿さんの前を通り過ぎるといよいよ熱帯大ドーム!草津熱帯圏の見所本体だ!

熱帯ドーム入口

そしてここから注意事項!※爬虫類の写真を貼り付けています!苦手な方はブラウザバックするか読み飛ばしてください!

余談として私は、爬虫類が大好きでありアカハライモリを家族で飼育していた経験がある。

更に余談として、この先mamuのオタク発言が増える。

さて、扉を開くと待っていたのは何とも冒険心をくすぐる光景!

草津熱帯圏天井

ドームの屋根部分は半分骨組みだけであり、そこかしこで雨漏りしているし湿気ムンムンで私の天パは大爆破だ。

訪れる際が雨ならば動きやすく汚れても平気なスニーカーとかがオススメ。

あと、動物さんが沢山いるので仕方がないが生き物の臭いがした。

もしかしたら夏場、しかも雨天にもなるとこの臭いが気になるんじゃないかなぁ…といった感じだが5月時点ではすぐ慣れる程度だった。

入ってすぐに片岡鶴太郎さんが寄付したアリゲーターガーがお出迎え、何ともよくわからん組み合わせだがそれよりもめっちゃデカいワニ!!

シャムワニ

シャムワニという種で全長3〜4m程に成長する大型の種で、その昔に革製品の素材にするために乱獲されてしまい現在の野生個体は5000頭ほどしかいないそう。


写真にて前後に写っている2頭は1990年より前から草津熱帯圏にいるそうで、紹介文に『仲睦まじい夫婦ワニ』と書かれていた。

ちなみに手前がメスのミアでプールで寛いでいるのがオスのイーサン、共に性格は大型クロコダイルらしく獰猛で荒々しいそうだが『互いの関係は良好で尊いの極み』なのだそう。

……………私は入場してすぐに確信した、ここの飼育員さんの中にオタク仲間がいる!(笑)

他にも『シャムワニ夫婦の昔話』として綴られていた内容がめっちゃ可愛かった。

ご飯タイムの時にイーサンが食べようとした餌をミアが無理やり横取りしようとしてイーサン