【和歌山県】日本最古の世界遺産温泉を目当てに早朝から湯の峰つぼ湯に出没する団体の思い出話

日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、温泉の魅力に17歳で目覚めて早くも10年が過ぎ去ったアラサーフリーターmamuです。

月日が経つのは新幹線より早いな…とひしひし感じるお年頃の私が今回も過去話を書いて行く。

島根県の車中泊旅ブログを書いて、その楽しさにすっかりハマってしまった。

時代は遡り、時は2019年03月31日。

まだ世界にコロナが蔓延する以前の平和な時代である。

真夜中とも取れる3時半頃に地元を発った私たち、この時のメンバーは私の家族と親友ちゃん。

まだ夜の深い暗闇を残した街を抜けて和歌山県の熊野本宮へ。

お目当ては秘湯、湯の峰温泉のつぼ湯である。

山道を走り抜けて、到着したのは5時台だったと思う。

辺りはまだ夜の気配を漂わせる静けさだった。

湯の峰温泉・無料駐車場に車を停めていざ!

広いとは言えないが、そこそこの広さの駐車場。

この当時は県外からの車中泊者も目にしたが、現在は”車中泊禁止”の看板が建てられたそうだ。

なぜ車中泊する人が多いのか、私たちがそんな早くからこの温泉を目指したのか。

それは凄く珍しい実際に入れてしまう世界遺産温泉だからである。

先日こちらで紹介した温泉津薬師湯は世界遺産”内”にある温泉だった。

一方こちらの湯の峰温泉つぼ湯は”温泉自体が世界遺産”なのだ。

実際にはどちらも最高だったので、私自身甲乙付けるつもりは無い。

むしろどっちも入って欲しい。

しかしまぁ、実際に入れる世界遺産温泉は世界中でも珍しく、日本でも現在(2021年)で唯一入浴できる世界遺産温泉は此処だけである。

だからめっちゃ混む。

スムーズに入浴するには、早くに来て待つほか無い。

と言う訳で、営業時間まで待つ事に。

うん、暗い。

しかも春先とは言え、山の中なので肌寒かった記憶がある。

真冬なんて極寒だろう。

その分、湯が身体に染みて極楽だろうけど、待ち時間を考慮して季節の良い時に訪れた方が良いと個人的に思う。

調べてみると、土日祝日は大変な混雑で、せっかく足を運んでも入浴出来ない事もあるそうだ。

温泉好きなら知る有名所だろうし、テレビでも紹介されているのだから致し方ない。

私たちは幸運な事に一番乗りで待つ事が出来た。

休日だったのにラッキー!

暗闇に私たちの談笑だけが聞こえる穏やかな一時。

暗い中ポツリポツリとやって来る人が増える中で、ようやく営業開始。

ちなみに06:00~21:30が営業時間だ。

当時は右側の番台で受付をしたのだが、現在は建物が老朽化のため移設したそう。

しかし、番号札を受け取る受付の仕様は変わらない様子。

この当時入湯料は大人770円12歳未満460円だったが、こちらもそれぞれ変更される予定だそうだ。

2022年からは大人780円12歳未満470円。

つぼ湯に入浴すると追加料金無しで一般湯もしくは、くすり湯にも入浴出来るシステムになっている。

一般湯・くすり湯は、湯の峰温泉にある日帰り公衆浴場だ。

こちらも立派な温泉なので、そう考えると価格も優しいように思う。

なんて語っているが、この時私は両親に出してもらっている。

素直にありがとう。

現在はこちらの一般湯・くすり湯は受付番台と共に改装中、つぼ湯とセットで入浴出来るのは2022年春からとホームページに記載されていた。

もし訪れるなら、不明な点は熊野本宮観光協会に問い合わせると確実だろう。

書いている今少し切ないが、私たち家族と親友ちゃんとで訪れた思い出の地が姿を変えているのである。

これを読んでいるあなたが「いいな」と思って訪れた時にはこの写真とは違う姿になっている事だろう。

だから、かつてはこんな雰囲気だったのだな…とか、懐かしいな~と感じて頂ければ幸いである。

こちらが、つぼ湯に入浴すると付いてくる一般湯の当時の様子。