【女子車中泊旅】高山の風景に圧倒される…志賀草津高原ルートのドライブはスケールが凄かった!

志賀草津高原ルート 日本旅
スポンサーリンク

2023年5月、大阪を出発したのは22時を過ぎた頃……群馬県を目指して片道7時間30分のドライブが始まった。

これはルームシェア相手の親友ちゃんと車中泊で旅するのが趣味の私が、移動も合わせて5泊6日で群馬県を堪能した旅の記録である!

群馬県3日目、有名温泉地伊香保にて源泉100%の贅沢温泉で芯までぽっかぽかになった私達は、次いで志賀草津高原ルートドライブへと出発した。

一応前回の様子はコチラ

スポンサーリンク

志賀草津高原ルートとは?

国道292号線、通称『志賀草津高原ルート』をご存知だろうか?

群馬県草津から県を跨ぎ長野県湯田中まで約43㎞続く絶景ドライブコースである!

渋峠の標高は2172mと国道標高日本1であり、活火山である白根山が作り上げた圧巻の自然の中を走り抜ける事が出来るのが何よりの魅力だ。

ドライブコースから見える景色は、その特有の自然環境から上信越高原国立公園として保護されている。

そのドライブコースは自然豊かで様々な見所があり、GW中までが見頃の雪の回廊や白根山山頂の湯釜、湿地等まるで異星のような絶景が待っているのだ!

ただ、その標高の高さ故にGW時でも路面凍結の恐れがあり特にトンネル内のスリップ等気を付けなければならない点も多々ある。

活火山なので活動が活発になれば通行規制がかかる事だってあるのでドライブする際はお気を付けて!

絶景ドライブ!

私達が前回駆け足で伊香保温泉を後にした理由はここにあった、天気予報によればこの日の夕方辺りから雨予報だったのだ…ッ。

何とか間に合って欲しい!!と本意気で願いながらも眺める車窓は徐々に上り坂になり、山中を抜けると途端に景色は色を変えて私達は「わぁ〜!」と歓声を上げた。

心地よく開いていた窓からは硫黄の香りがして、現実味の無い絶景が広がっていた。

志賀草津高原ルート

コントラストになっている黒い部分は自然そのままの火山岩。

志賀草津高原ルート

土とも岩肌とも雰囲気が違う白っぽいこの辺りは『殺生河原』と呼ばれているそうで、一帯に草木が少ないのは硫化水素ガスが噴出していて生き物が生息出来ないからだそう。

なのでこの辺りは窓を閉めて途中駐車も厳禁だと看板が立っていた。