【岡山県女子車中泊旅】色彩が美しいレトロタウン吹屋村の感想&オススメランチ!

真正面から見た旧吹屋小学校 グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

これは、国内を車中泊旅するのが趣味で日本各地を 巡る仲良し親友の二人が旅した2022年05月の記録である。

前回、天空の古代山城 鬼ノ城の歴史に圧倒された私達は次いでベンガラ染めの村吹屋ふるさと村へと車を走らせた。

と言う訳で今回は、色彩が美しいレトロタウン吹屋ふるさと村を訪れた感想とオススメのランチをご紹介!

スポンサーリンク

全てがベンガラ色の吹屋村

前回お伝えした鬼ノ城から車で約1時間45分、山間の中に現れた吹屋村は全てがベンガラ色の村である。

そもそもベンガラとは何ぞや?という疑問は私の撮影した下手くそな写真を交えながらご説明しよう(笑)

村内にある3ヶ所の無料駐車場の内、下町駐車場へ車を停めた。

いざ、吹屋ふるさと村散策!!

どの建物を見ても統一感がある優しい色合いで綺麗…こういうのを風情があると言うのかな。

歴史的な町並み好きな私達としては、ワクワクして仕方のないスポットだった。

町並みは歩いているだけで美しく、5月の晴れた陽気も相まって非常に心地良い。

とは言え、連休中で沢山の観光客の方が訪れていたので程よい活気もあって観光気分も盛り上がっていた。

そして先程から特徴的に見えるこの温かみのある色こそが”ベンガラ(弁柄)色”であり、この村を築き上げた物なのだ。

吹屋村は江戸時代から明治にかけて鉱山の町として繁栄していたそうなのだが、江戸時代末期に鉱山の捨石から偶然発見された天然ベンガラが大ヒット!

陶器や漆器、建物、衣料の下染めまで…とにかく高級塗料として使用されたそう。

吹屋村は、そんなベンガラの全国唯一の生産地なのである。

見て欲しい、もう郵便局までベンガラ一色!