【三重県】絶景冒険スポット!鬼々城(おにがじょう)が大迫力だった車中泊旅

鬼ヶ城 看板 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

日本神話に所縁深い日本最古の神社花の窟神社に感激した私たちは、次いで海辺のハイキングコース鬼々城(おにがじょう)へ向かう事にした。

一応、前回の様子はコチラ

鬼々城は三重県熊野市にある熊野古道の一部で、風化と波の浸食によって自然が作った世界遺産である。

鬼ヶ城は入り口が西口東口と2ヶ所あるのだが、鬼ヶ城センターがあって駐車場が広い東口からスタートするのがおススメだ。

調べてみると西口は、駐車場規模が数台くらいしか無いので休日は満車であることが多いそう。

と言う訳で、あなたがお越しの際は東口を目指そう!

花の窟神社から車で約5分、鬼ヶ城センター前の駐車場へ到着!

鬼ヶ城センターには、お土産屋さんとかちょっとしたレストランがあって沢山の観光客で賑わっていた。

花の窟神社の神聖な雰囲気も素敵ならワイワイと楽し気な雰囲気もまた素敵だ。

下調べによると鬼ヶ城は、天然記念物・国の名勝・世界遺産に登録されている絶景スポットだと知った。

そんな所が入場料無料というのだから私が食い付く他ないだろう!

鬼ヶ城センターの前は通過しただけだったけれど、500~600円くらいのしらすやマグロ等の海鮮丼とかも提供されている様子だったので、次訪れた時はここでお食事しても楽しいかも。

何だこれ。

三重県熊野市で採れる那智黒石で作られた像で、伝統工芸品の鬼だった。

何と花の窟神社にあったイザナミ像も同じ工芸品だった!

なんか真実の口が激昂したみたいなお顔で、まさに鬼の形相である。

さて、まだ鬼ヶ城のハイキングコースは始まっていない、補装された道の先には荒々しくも綺麗な海が待っていた。

うわぁ~綺麗!!

吹き抜ける海風が爽やかだ。

そう言えば、この旅は10月の終わり頃だったのだが三重県の秋は何度か訪れた結果、お天気にもよるかもしれないけれど寒くない!

一応薄手のパーカーとかショールを持参していれば、問題無いので車中泊中に荷物がかさばらないのも魅力のひとつかもしれない。

何なら10月始めに訪れた岐阜県の方が寒いくらいだった。

さて、キャッキャと記念撮影しながらも進む私たちの前に現れたのは、石のトトロ。

…では無く、絶対鬼モチーフなのだけど私たちは「トトロ~!」とはしゃいでいた。

足元に転がるどんぐりが更にトトロ感を盛り上げている。

さて、話は逸れたがこの鬼ヶ城にはその名の通り鬼の伝説が残っているのだ。

とは言え鬼と恐れられた海賊・多娥丸(たがまる)がこの地を根城にしていた事からその名が付いたと言われていて、その他にも看板には説明書きがあった。

魔見々島(まみるがじま)、地元の方からは『マブリカ』と呼ばれる島があり、平安時代に坂上田村麻呂が鬼の討伐に向かうと童子が現れて舞い唄ったそうだ。それに気を取られた鬼が岩戸を押し開けたその一瞬に、坂上田村麻呂が神通の矢を射て鬼を仕留めたという伝説が残っているそうだ。

現在は釣り人やダイバーで人気のスポットなんだって。

その島が、この写真の左に見える島である。

さて、伝説も知った所で写真右手の道を進めば、ここからがいよいよ鬼ヶ城だ。

冒険の香りがする雰囲気にめっちゃワクワク!

ここでちょっと注意なのだが、ここまでの道のりは補装された階段と坂道で構成されているけれど、この入口から先に補装された道は無く基本的に凸凹とした岩の道になるので、足腰が不安な方は無理ない範囲で見られる所だけを見た方が良いだろう。

殆どが自然のままの凹凸で、その長さは約1キロ。

更には往復して戻ってくる事を考えて自分の体力と相談する事が大切である。

小さなお子さんや車椅子の方、ハイヒールの方はまずもって訪問は危険だと思う。

さて話は戻るが、私たちは先程の岩穴を潜り抜けた先で歓声を上げていた。

『千畳敷』…凄い迫力…!!

耳に響くは強い波音と風の音、高く聳えてこちらに迫るような姿が圧巻だ!

これが自然の風化や波に削られて出来たのか…不思議。

近寄って触ってみると、岩と言うより砂がギュッと固まったみたいな触り心地。

腕力の限りで握ったら簡単に破壊出来そうな気さえしたが、ビクともしなかった。

当然である、腕力激弱の私たちの力ごときで崩れてしまうなら、そもそも現代に残っていない。

千畳敷の周辺は海面までまぁまぁな高さがあるけれど、柵も無く開放的!

故に絶壁の際まで行けてしまうので、それこそドキドキした!(笑)