【三重県】東海道五十三次・武士が泊まっていた旅籠の資料館が素敵だった車中泊旅

関宿旅籠玉屋歴史資料館内 中庭 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

大阪から三重県へ車中泊の旅へ出発したのは10月の終わり頃、旅のお供はルームシェア相手の親友ちゃんだ。

リーズナブルでめっちゃ美味しい牡蠣を堪能して大満足の私たちが次に目指したのは、東海道五十三次の宿場町・関宿!

一応、前回の絶品牡蠣小屋の様子はコチラ

牡蠣小屋から下道で約2時間くらい走って到着。

江戸時代には参勤交代・伊勢参りなどの交通拠点として繁栄した歴史の町並み関宿は、江戸から明治期にかけての町屋が約200も軒を連ねている宿場町だ。

現在は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

この日は私たちが訪れた時間が少々遅かったからか、静かで美しい景観をまじまじと見て取る事が出来た。

雰囲気の良い通りを眺めながら私も親友ちゃんも「雨が降らなくて良かった~!」とか話していたどうでも良い記憶(笑)

…と言うか、ブログを書いていて思うんだけど、私たちこういう渋めの場所好きだな。

私たちが車中泊旅で行く観光地では高確率で同年代くらいの観光客を見掛けないと気付いた。

まぁ、自分たちが楽しめれば良し!

「素敵やねぇ~」なんて言いながら歩いていると、歌川広重が宿場町の景色を描いた東海道五十三次のレプリカを発見。

宿場町以外の景色はこの時代から随分と違っているだろうけど、関宿の町並みは面影抜群に残っているんだろうなと思った。

歩いていると、そこかしこで古民家の味を活かした商店や雑貨屋さんが展開されていて、ワクワクと胸弾む!

古民家カフェとかお食事処もあったので、ランチとかしても雰囲気を楽しめそうだ。

岐阜県飛騨高山の古い町並みでも思ったけれど、昔の姿をそのまま残しているというのも歴史を感じられて面白いのだが、現代の生活に馴染んで適応する姿も面白いなぁ~と個人的に。

そして歩いていて私が食い付いた光景がこちら…(笑)

江戸時代の建物に昭和レトロの面影!

元々古くから薬局だったのだろうか、それとも時代の経過と共に薬局屋さんになったのだろうか…なんて想像するだけで楽しい!

「あのウサギ知ってる?」なんてお喋りしながら歩いていると、次に発見したのは高札場のレプリカだった。

はい、斜め。(相変わらず写真撮るの下手くそです、すみません)

電話はおろかスマホなんていうインターネット使いたい放題の便利品が無かった時代、町民たちに決まり事や生活に重要なおふれがここに掲示されていたのだ。

昔の人々はみんなここを見上げていたのかなぁと想像してみたり。

そして高札場の裏には、宿場町の景観を損なわない工夫に溢れた現役郵便局があった。

普段見慣れている郵便局と景観が違うだけで用もないのに立ち寄ってみたくなったりした(笑)

残念ながら休日なのでお休み。

親友ちゃんと穏やかにお喋りしながら町並みを楽しんでいた私たちが、関宿で最初にやって来たのは『関宿 旅籠玉屋歴史資料館』!

歴史深い町並みの中でも白い漆喰が一際美しいこちらである。

玉屋は江戸時代から現存する旅館で、江戸の当時は『旅籠(はたご)』と呼ばれていた建物がそのまま資料館になっているのだ。

『関で泊まるなら鶴屋か玉屋、まだも泊まるなら会津屋か』なんて謳われた関宿を代表する建造物である。

関宿 旅籠玉屋歴史資料館

・営業時間 9:00~17:00
・定休日 毎週月曜日 年末年始(12/28~1/4)
・入館料 大人300円
     小中高200円

300円でチケットを購入してしまえば、この玉屋と『まちなみ資料館』共通で入館可能でめっちゃお得!

主に公用以外の武士や庶民が宿泊していた旅籠なのだが、玉屋がいつ頃から旅籠を営んでいたかは明確に判明していないそうだ。

しかし、寛政12年(1800)の宿場珍図には代々襲名していた名前が記載されているので、その頃には既にこの場所で宿を営んでいたと考えられているのだとか。

そしてこれは受付の方の御親切でたまたま解説頂いたのだが、この玉屋の旅籠・旅館としての宿帳記録が昭和初期まで続いていたそうでかなり衝撃を受けた。

江戸時代なんて言われると遠い昔に感じる所だけど、それが昭和初期まで実際に機能していたと想像すると随分と不思議な気持ちになった。

そんな玉屋のお台所(土間)がこちら!