【三重県グルメ】味のある牡蠣小屋の牡蠣が安くてめっちゃ美味しかった!

牡蠣小屋かき太郎 牡蠣 グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

10月の終わりに大阪から三重県へ車中泊で旅に出たのは、私とルームシェア相手の親友ちゃん。

冒険感満載の熊野古道ハイキングコース鬼ヶ城で爽やかな海風を浴びて、その後横山展望台で夕陽に染まる英虞湾の絶景を楽しんだ私たちは、その後伊勢志摩の道の駅で車中泊した。

一応、前回の旅の様子はコチラ

夕飯は勿論持参したお弁当をモリモリ食べて、「寒いかも…」とこれまた自宅から詰み込んだ羽毛布団で眠ったが、陽が昇るとめっちゃ暑かった。

三重県2日目のこの日朝方はシトシト雨が降っていて、急遽観光予定を変更して車内でまったり~。

これが気ままな車中泊旅の良い所!チェックアウト時間も無ければ予定なんて自分たちの都合で自由自在である。

朝ごはんにこれまた持参していた馬鹿デカおにぎりを頬張った後、漸く出発した先はまさかの牡蠣小屋。

予算が無い旅だったので、食べ盛りの少年にお母さんがするみたいな事でも平気でやってのけるのだ。

道中、鳥羽水族館を横目に2人で修学旅行の思い出なんかを語ったりしながら、しばらく山道を走って到着したのは牡蠣小屋『かき太郎』!

スポンサーリンク

牡蠣小屋 かき太郎

外観はこんな感じ!

かき太郎

・営業時間 10:00~15:00
・定休日 毎週火曜日
・電話番号 090-7433-2219
・予約不可
・貸切不可

道中色々他の牡蠣小屋もあったけれど、今回は個人的なリサーチでリーズナブルで美味しいと噂のこちらのかき太郎さんへやって来た。

到着時刻は12時を少し過ぎた丁度お昼時で、広い駐車場はほぼ満車状態だった。

少々見え辛いが下の画像右側、牡蠣小屋入口右手に入店待ちの記入用紙が用意されている。

この日は休日だった事もあり、この時で既に10組待ち。

名前、余白に車ナンバーを記入して車内で待つシステムなので長丁場でもあまり気にならないのが個人的に良かった。

とは言え、数組前に店内待合席か店の前で待つようにとの事だったので、名前を呼んでいる店員さんの声が聞こえるように気を付けておこう。

待っていたのは40分くらい…そして、満員御礼だったこの日12時45分には焼き牡蠣が売り切れてしまった。

基本的には焼き牡蠣しか食べない…という人は早めの来店をおススメする。

そしてここで注意事項!

かき太郎にセルフの水は無い、店で提供されているのはビールでその他は店内に設置されている自動販売機にて購入可能。

もしくは、飲み物は持ち込みOKなので予め用意して持参しよう!

私たちは、お茶の入った水筒と紙コップを持参した(笑)

あと、一応ウェットティッシュとかの類も持参していると安心。

お手洗いは駐車場に仮設の物が設置されていて、出口の横には手洗い場もあるので牡蠣を頂いた後に流れで手洗いも出来る。

浦村牡蠣

かき太郎さんで提供されている『浦村牡蠣』とは、伊勢湾からの栄養豊富な海水と黒潮の荒波、そして自然豊かな山の川水が混ざる大浦(おおのうら)湾が牡蠣養殖に適していた事から、抜群の環境で育った牡蠣である。

養殖牡蠣は通常2~3年の期間が必要なのに対して、プランクトンが豊富な環境で育てられている浦村牡蠣は驚異の1年で育つ『1年牡蠣』と呼ばれているそうだ。

たった1年で育ってしまう時点でどれだけ環境に恵まれているのかは伺えるが、更に早く育つことで牡蠣特有の臭みが少ないまろやかな牡蠣に仕上がっているとの事。

見た目の特徴としては、殻が小さいのだがその分旨味・塩味・甘味がたっぷり詰まった至極の牡蠣なのだ。

店内の様子

待ち時間40分ほどで呼ばれた私たち、ワクワクしながらも早速入店!

外観から想像するよりも広々とした店内には、8人掛けくらいのテーブル席が8席~10席くらいあって店内中央では売り切れ寸前の焼き牡蠣が炭火で焼かれていた。

香ばしい香りが充満していて、めちゃくちゃに食欲を刺激される私たち(笑)

注文は各テーブルにある注文用紙に必要な分を書き込んで、先にお代をお支払いするシステム。

そしてテーブル端には、牡蠣に合う調味料がズラリと並んでいた。

外観と違わぬ味のあるthe牡蠣小屋の雰囲気から期待値は自然と上がる!

あと、店員さんも皆忙しそうながらめちゃめちゃ気さくで、「これはこうして食べると美味しいよ!」とか積極的に教えてくれるので有難かった。

食器は退店時に出口付近で返却するシステムで、レジではお土産用の生食牡蠣とかの販売もされていた。

このかき太郎さん、牡蠣小屋ながら食べ放題の形式では無く、しっかりとメニューが存在するのだが牡蠣を様々な調理法で提供しているのもめちゃくちゃ魅力だと思う。

そして先にリーズナブルだと記載したが、大まかなメニューとお値段は以下の通り。

・焼き牡蠣 ¥130円
・生牡蠣 ¥130円
・牡蠣ご飯 ¥330円
・牡蠣のネギみそチーズホイル焼き \330
・酢牡蠣 ¥650円
・牡蠣グラタン \380円
・牡蠣フライ(5個入り) \760円

変動等あるかもしれないがご参考に!

いざ、実食!

早速注文を終えてテーブルにてソワソワと待つ私たち。

結局私たちの来店が一歩遅く焼き牡蠣は売り切れてしまっていたので少々凹んでしまっていたのだが、「これサービス!」とお店のおじさんが持って来てくれたのは…

焼き牡蠣…!!!!

タイミング的に少量残った物だったのだろうけど、食べられないと思っていた手前めちゃくちゃ嬉しかった!!

ありがとうございます、いただきます!

焼き立ての香ばしい香り…。

…うまぁ~!!

プリっとした食感と焼き牡蠣特有の香り、口に広がるジューシーさ…美味しい!!

私たちはおじさんに何度もお礼を口にしながらも、満面の笑みで焼き牡蠣を頬張った。

幸せを噛み締めている内にやって来たのは生牡蠣、一粒130円!

私たちは4粒ずつ頼んだのに…あれ、多い…と思っていたら「おまけね!」とお姉さまが。

多分焼き牡蠣が無くなったからなんだろうけど…本当重ね重ねありがとうございます!

プリップリで美味しい~…と言うか生だからこそ明白に分かる…本当に牡蠣特有の臭みが無い!!

美味しいよ、かき太郎さん…っ。

酢牡蠣650円で平均5~6個とたっぷり入ってる!