日本一かわいい道の駅行ってきた

日本旅
スポンサーリンク

皆さんは千早赤阪村にある日本一かわいい道の駅をご存じだろうか。

こんにちは、アラサーフリーターのmamuです!

大阪に住んでいる方はご存じだろうが、大阪には千早赤阪村という村がある。

大阪に都会的イメージを抱いている人には驚きの事実かもしれないが、村が存在するのだ。

大阪府南河内郡に属する大阪唯一のこの村にあるのが日本一かわいい道の駅。

日本一かわいい…?気になる響き…。

いくら恋の気配が無くとも女に性を受けた身だ、「かわいい」にはそれなりに惹かれる。

今回はその日本一かわいい道の駅ちはやあかさかに行ってきた記録である。

以前から気になっていた【日本一かわいい道の駅】どこで見たかは忘れたが、確かに見聞きした響き。

休日なのにめっちゃ暇だしステイホーム期間中は何処にも出掛けていない。

正確にはスーパーに買い出しに行ってるけど、これをお出かけ!とカウントするのは少々物悲しい。

そこで私は考えた。

観光は流石に厳しいけれど、道の駅でお買い物やちょっとした食事をするだけならイオンモールに買い出しに行くのと大差ないのでは…?

目的はあくまで晩御飯の材料調達がてら休憩なら…。

我ながら天才やん!!!

調べてみると行けない距離じゃない。

よし、行こう!と思い立ち、ルームシェア相手の親友ちゃんに早速相談。

実はmamuマブ中のマブダチ、親友ちゃんと2人でルームシェアをしている。

コロナ禍以前は2人でよく県を跨いで遠出をしていた。

自動車免許を持っていないmamuに対し運転大好き親友ちゃん。

お誘いした所「楽しそう!」と快諾いただき早速行出発!

この時、時刻は14時30分だった。行動が遅い。

そもそも起床が遅かった。

市内から下道で約1時間半、ゆっくりドライブして到着したのは16時を過ぎた頃。

今の季節日が傾き始める頃に到着してしまった。

道の駅の楽しみの何たるかを知っているつもりなので敢えて言うが遅すぎる。

ただ、このご時世だし混雑時を避ける事は出来たとポジティブ解釈できる。

テラスのテーブルで談笑するマダム達の姿からまだ営業している事を察知したmamuは真顔ながら内心安堵していた。

間に合って本当に良かった、実は結構真剣に楽しみにしていたのだ。

一方親友ちゃんは然程気にしている様子もなかった。

当然のごとく営業している、と信じて疑わないのだ。

後に公式ページを覗いてみると営業時間は9時~17時とのことで本当にギリギリだった。

駐車場は道の駅の裏手にある。

何やら資料館の駐車場と兼用なのかな?

道の駅に続くスロープに手作り感満載のクラフト看板が掛かっていた。

村カフェ!素敵な響き…。

ワクワクしながらスロープを進むとあっという間に道の駅の中に到着。

確かに、かわいい!これはあれだ、映えスポットっぽい!

私はインスタは見ているだけなので関係ないが、写真は大好きなので素直にテンションが上がる。

道の駅としての規模は小さいけど屋根から壁まで全てが木製でノスタルジックな雰囲気。

立っている看板とか椅子やテーブルはDIYなのかな?

古民家カフェのような絵本に出てきそうな光景を繁々眺めていると隣に窯焼きピザを発見!

…しかしながら到着時間が遅かったので店じまいしていた。残念…。

道の駅と言えば!の新鮮お野菜も残りわずか…。

完璧に私たちの出発時間ミスである。

美味しいであろうピザもお野菜も今回は見送った。

最早道の駅に来た意味とは…?と考えてしまうが、折角来たのだから楽しまないと損だ!

と言う訳で、併設されているお土産屋さんへ。

折角来たのだから何か欲しい。

お土産屋さんに足を踏み入れると店内には食欲をそそるカレーのいい匂いが漂っていた。

うーん、何を買おうかな…。なんて考えながらもスパイシーな香りに増す食欲。

道の駅の前にある飲食スペースで楽しそうにピザを食すマダム達やご夫婦がいてちょっと悲しい気分になったが、私たちにはまだ村カフェがある!

早速注文だ!

どうやら村カフェはお土産屋さんの2階にある様子、注文はレジで受け付けてくれた。