【7泊8日】車中泊カーで行く北海道旅 鰊番屋の歴史とポンコツ美瑛観光編!

旧花田家鰊番屋ヤン衆生活囲炉裏 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

これは2024年GWにお洒落車中泊カーをレンタルして7泊8日で北海道を旅した記録である。

旅の道連れはルームシェア相手の親友ちゃん。3日目の朝、車中泊カーのあまりもの快適さに見事に寝坊した私達だがその後頂いた絶品ウニ丼に心まで癒され朗らかな気持ちで先を急ぐのだった。

スポンサーリンク

道の駅おびら鰊番屋 旧花田家番屋

お食事処すみれさんにて北の海の恵みを存分に味わった私達は、車を走らせ約5分の距離にある道の駅おびら鰊番屋へとやって来た。

お目当ては、道の駅に併設しているニシン漁が盛んだった時代に築かれた旧花田家番屋である。

と、その前に魅惑的なガチャガチャを発見!(笑)

北海道名物の食べ物飲み物のミニチュアキーホルダー1回300円……ミニチュア大好きな私は3種各々1回ずつ挑戦。

ガチャガチャ

かわいい~!良いお土産が出来て大満足です(笑)

さて、重要文化財の旧花田家番屋へ!

旧花田家鰊番屋外観

1人400円をお支払いして、お邪魔します。

北海道におけるニシン漁と旧花田家番屋の歴史を学べる。

ニシン漁の歴史についてざっくり説明!

北海道のニシン漁は江戸時代からスタートしていたが、明治に入って制度が変わり誰でも自由にニシン漁を始められるようになるとニシン漁経営者が増えて北海道の一大産業になったそう。

漁の手法は、3月〜5月海岸へ産卵にやって来るニシンを定置網や建網と呼ばれる物で捕獲。

漁獲高は明治30年代1897〜1906年頃がピークで、それに伴って本格的な拠点としての番屋が各地に設けられたのだが、昭和30年1955年を境にニシンの群が見られなくなり衰退したのだとか。

そして私達がやって来たこの旧花田家番屋は、漁獲高最盛期の明治38年1905年頃に建てられた番屋としては最大規模の建物なのだ。

流石最大規模……画角に写りきらないくらい広い!