【7泊8日】車中泊カーで行く北海道旅 極上のウニ丼を食す編!

うに丼 グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

これは2024年GWにお洒落車中泊カーをレンタルして7泊8日で北海道を旅した記録である。

旅の道連れはルームシェア相手の親友ちゃん!積丹から小樽へ移動し、レトロで美しい街並みがライトアップされる様子にうっとりした2日目。

番屋の湯にて旅の疲れを癒し、我々は北海道旅3日目を迎えた。

スポンサーリンク

3日目の朝

話は遡り2日目の夜、私達は仮眠場所として道の駅石狩あいろーど厚田を選んだ。

奇しくも昨夜同様に海岸沿い……風の音がビュービュー聞こえる静かな夜……寒かった。

トイレも室内で綺麗で駐車場も広く、車中泊仲間も沢山いる……見上げれば満天の星空。

私は、いよいよ寒くて泣きそうになった。

旅の後半に着る予定だったパジャマを重ね着て、カイロを両足の裏、背中、お腹に貼ってようやく眠りについた。

その後は朝まで本当にぐっすりで……お布団最高……、3日目目覚めた私達は1時間寝坊していた。

アラームにも気付かずスヤスヤであった。

それくらい寝心地抜群!フルフラット車中泊カー凄い(笑)

道の駅外観

さて、寝坊した私達は慌てて身支度を整えて、日本海オロロンラインをひた走った。

日本海オロロンラインとは、石狩市から天塩町まで続く国道の愛称で、その総距離は約315キロにも及ぶドライブコースだ。

海辺の道

永遠に続く海岸沿いの道は、走っているだけで壮大でそれだけでワクワクする!

私達は目的地までの約2時間、寝坊した事も忘れてドライブを楽しんだ。

終始運転を担当してくれている親友ちゃんも「気持ち良い道!」とご機嫌な様子だった。

朝食にセイコーマートで購入したおにぎりを食べながらルンルンで進む。