【7泊8日】車中泊カーで行く北海道旅 硝子細工の美しい小樽後編!

北一ホール 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

これは2024年GWにお洒落車中泊カーをレンタルして7泊8日で北海道を旅した記録である。

旅の道連れはルームシェア相手の親友ちゃん!前回、美味しいスープカレーを堪能した私達は硝子細工とオルゴールの音色が聴こえる素敵な小樽観光へと繰り出した。

スポンサーリンク

北海道2日目 小樽観光

小樽と言えばガラス細工、その歴史は1900年明治時代から大正時代に最も盛んだったニシン漁の歴史と重なる。

小樽では漁業に用いる浮き球、とんぼ玉をガラスで作っていたのだ。

その他、石油ランプなど生活に密接なガラス製品を作っていたのだが、時代の移ろいと共に現在のアクセサリーや雑貨品などデザイン性を取り入れた製品を作るに至った。

そんな現在の小樽は、観光通りを少し歩けばガラス製品がズラッと並んだお店が沢山ある。

大正硝子館

↑この大正硝子館だけでも小樽に13店舗もあるのだから凄い。

私達もその内何店舗か巡ったが、それぞれコンセプトが違うので雰囲気が異なり楽しかった。

店の軒先に吊るされたかわいい風鈴が涼やかに揺れる。

風鈴

積丹では一切感じなかったGWの人混み、しかし今年が特に観光客が少ないからかうんざりする程ではなくて、寧ろ賑やかで観光地にやって来た気分が盛り上がった。

風鈴ツリーも太陽の光を浴びてキラキラだ。