【夏の北海道1】2019年07月祖母と行くベストシーズンの北国:登別宿泊編・過去旅行

毛ガニ グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、自粛期間を期に勉強とゲームに勤しむアラサーフリーターmamuです。

今回からは、2019年07月に祖母と参加した北海道ツアーの記録をブログに残そうと思う。

これまでツアー・フリー旅行込みで5回訪れた北海道。

しかし、私が夏の北海道に降り立つのはこの時が初めてだった。

祖母も私も自動車の免許を持っておらず、祖母の痛めている膝を考えると公共交通機関の乗り継ぎも厳しい…と言う訳でツアー参加となった。

出発に指定されていたのは伊丹空港。

2019年07月も終わりに近付いた頃、大阪では既に35度を上回る日が出て来ていた。

何より湿度も嫌に高く身体にまとわりつく暑さで、冷房の効いた空港が心地良かった。

さくっとツアー受付を済ませておく。

今回の旅は其々の都合や仕事上、事前申請で長期の休みを取りやすいフリーターの私と祖母の2人旅行。

空港でもゆっくり行動できるように、と考えた結果びっくりするくらい前のめりで到着してしまった。

時刻は丁度お昼時、とりあえずランチへと向かう。

レストランエリアは南ターミナル・中央ターミナル・北ターミナルとそれぞれあったが、この時私たちが向かったのは中央ターミナル3階。

どこもかしこも大混雑で、やっと決めたお店にも列が出来ていた。

十分時間はあるので私たちは平気だったけど、お昼時の空港はかなり混雑するので時間に余裕があった方が焦らなくて良いかも。

私たちが入ったのは『名代とんかつ かつくら 京都三条』。

京都で生まれたとんかつの専門店、関西から九州・関東まで広く展開しているお店だ。

自家製のソースは甘口と辛口の2種類あって、ポン酢も用意されていた。

注文が終わるとゴマの入ったすり鉢とすりこぎが用意されるので、待っている間にゴリゴリ。

この時私が頼んだのは、ランチメニューのロースかつ膳1260円、もしくはヒレかつ膳1320円。

正直、写真を見てもどちらか全然わからないけど、ランチとして出すには少々お高い印象。

しかし、ボリュームもあって美味しかったと記憶している。

擦ったゴマの風味とソース、お肉が本当に柔らかくて脂が甘い。

サクサクの衣と柔らかいお肉は白米をどんどん進ませて、あっという間に完食!

絶対にとんかつが食べたい!みたいな気分の時には大満足できるお店だろう。

食事を済ませてもまだまだ時間が余った私たちは、1階に戻ってお茶しながら執拗にトイレに行ったりして時間を潰した。

余談だが、この日キャリーケースに目印を付けてくるのを忘れた私に、祖母はやたらとキラキラしていて固い感じの目立つキーホルダーを差し出した。

雰囲気としてはパーキングエリアとかに売ってそうなやつ。

目立たせる事を目的としているので有難く使わせてもらったが、2人でめっちゃ笑った。

キラキラ輝くキーホルダーは一応キツネだったらしいのだけど、これでもかと七色に輝いていてとてもキツネには見えなかったのだ。

さて、そうこうしていると出発便の搭乗時刻。

約2時間30分の空の旅、祖母は終始眠っていた。

到着したのは新千歳空港、私は人生で初めて夏の北海道に降り立った。

時刻は16時を過ぎた頃…お天気は残念ながらよろしく無かった…。

この時期、朝ドラでは『なつぞら』が放送中。

初期はロケ地が北海道で、テレビには自然豊かな風景が映し出されていたのだ。

単純な事に、青く澄んだ空と広い大地を夢見ていた私は肩を落とした。

この日は特に観光のスケジュールも無く、宿泊ホテルに直行するだけの行程。

だけど、バスから見える車窓の景色を楽しみにしていたのに…と落ち込んでいたのも束の間。

祖母が私以上に残念がるので「観光は明日がメインやから、明日晴れた方がラッキーやん!」と言い聞かせている内に、私自身すっかり曇り空が気にならなくなっていた。

勿論時と場合があるけど、ポジティブな言葉を言い聞かせるのって自分にも効果的だと私は学んだ。

バスに揺られて新千歳空港から登別温泉へ。

ツアー参加者は比較的高齢の方が多かった印象だが、若いグループも2・3組参加していた。

登別温泉にある3つ星ホテル『登別万世閣』に到着したのは18時を過ぎた頃。

フロントはこんな感じに飾り立てられていた。

古い雰囲気ではあるものの清掃の行き届い