【滋賀県2】ラ コリーナの進化を見た後に日牟禮八幡宮を参拝して、恋人の聖地を前にパンフレットだけ持ち帰るアラサーの車中泊旅

日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、ハイボールを愛するアラサーフリーターmamuです。

前回の滋賀県旅の続き、2021年03月27日私たちが目指したのは近江八幡!

商人の町として安土時代に栄えた町並みを目指して、一先ず程近いラ コリーナを目指した。

ラ コリーナ近江八幡…どんな所?という人はコチラにお目通し頂くとご理解頂けるだろう。

簡単に言うと和菓子屋さんのたねやから成る、お菓子のテーマパークだ。

まだまだ拡張中のラ コリーナ、以前訪れてから月日も経っているし何か変化があるかもと思っての事だ。

その道中で琵琶湖大橋を走った。

ナビに誘導されたのだが、通行料の掛かる橋なので若干焦る私たち。

調べてみると、料金はETC割引が付いて普通車120円・大型車Ⅰ200円・大型車Ⅱ500円・軽自動車80円・原付10円との事。

めっちゃ安心した、べら棒に高くなくて良かった。(笑)

ナビで偶然誘導されても安心して景色を楽しもう!

琵琶湖を突っ切る長い橋、琵琶湖大橋の名に相応しい。

歩道には良いカメラをぶら下げて観光している人の姿がチラホラ見えた。

此処は確かに歩いても気持ちが良さそう…!

ちょっとしたハプニングだったが、結果楽しかった。

そんなこんなで到着したラ コリーナ近江八幡。

この日も大変な混雑だったが以前と比べると少し落ち着いていた。

以前が大混雑だったのかな?

それでも相変わらず賑やかな雰囲気を見せていた。

うん、安定のジブリ感。

前回訪れたのが秋の季節、今回は春。

屋根に生えた芝生が春色で淡い緑かも…なんて想像していたのだが、以前とあまり変わっていなかった。

もしかしたら大きく変化するのは夏と冬なのかも?

それでもやっぱり胸躍る光景には違いない。

以前のブログで記載しておきながら写真が無かった炭が刺さった天井を撮って来た。

お洒落に違いないのだが、私はちょっとゾワッとしてしまうので一応観覧注意!

メインショップの吹き抜け天井。