【滋賀県2】ラ コリーナの進化を見た後に日牟禮八幡宮を参拝して、恋人の聖地を前にパンフレットだけ持ち帰るアラサーの車中泊旅

日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、ハイボールを愛するアラサーフリーターmamuです。

前回の滋賀県旅の続き、2021年03月27日私たちが目指したのは近江八幡!

商人の町として安土時代に栄えた町並みを目指して、一先ず程近いラ コリーナを目指した。

ラ コリーナ近江八幡…どんな所?という人はコチラにお目通し頂くとご理解頂けるだろう。

簡単に言うと和菓子屋さんのたねやから成る、お菓子のテーマパークだ。

まだまだ拡張中のラ コリーナ、以前訪れてから月日も経っているし何か変化があるかもと思っての事だ。

その道中で琵琶湖大橋を走った。

ナビに誘導されたのだが、通行料の掛かる橋なので若干焦る私たち。

調べてみると、料金はETC割引が付いて普通車120円・大型車Ⅰ200円・大型車Ⅱ500円・軽自動車80円・原付10円との事。

めっちゃ安心した、べら棒に高くなくて良かった。(笑)

ナビで偶然誘導されても安心して景色を楽しもう!

琵琶湖を突っ切る長い橋、琵琶湖大橋の名に相応しい。

歩道には良いカメラをぶら下げて観光している人の姿がチラホラ見えた。

此処は確かに歩いても気持ちが良さそう…!

ちょっとしたハプニングだったが、結果楽しかった。

そんなこんなで到着したラ コリーナ近江八幡。

この日も大変な混雑だったが以前と比べると少し落ち着いていた。

以前が大混雑だったのかな?

それでも相変わらず賑やかな雰囲気を見せていた。

うん、安定のジブリ感。

前回訪れたのが秋の季節、今回は春。

屋根に生えた芝生が春色で淡い緑かも…なんて想像していたのだが、以前とあまり変わっていなかった。

もしかしたら大きく変化するのは夏と冬なのかも?

それでもやっぱり胸躍る光景には違いない。

以前のブログで記載しておきながら写真が無かった炭が刺さった天井を撮って来た。

お洒落に違いないのだが、私はちょっとゾワッとしてしまうので一応観覧注意!

メインショップの吹き抜け天井。

2階は焼き立てバームクーヘンが食べられるカフェスペース。

この日も食欲をそそる甘くて幸せな香りが漂っていた。

地図を見る限り増えた施設はひとつだけ。

一体何だろう、と散策開始!

メインショップを出て畑の広がるエリアへ。

お、此処はちょっと雰囲気が違う!

秋に遊びに来た時よりも緑が元気な感じがする。

蝶々とかも飛んでいて麗らかだ。

増えていた施設は、メインショップを背に右手側。

どうやら中はカフェらしい。

調べてみると、焼き立ての八幡カステラが食べられるそうだ。

全面に大きな窓が貼られているので見晴らしも良さそう。

こちらも人気な様で混雑していた。

という訳で私たちが立ち入る事は無かった。

新しく出来たカフェのすぐ側に小さな水路を見付けた。

アメンボがスイスイと水面を移動しているのを見て、ラ コリーナの『生き物が息づく施設』の創造を思う。

季節が春だからか、それともこの場所の環境が生き物たちに心地良いのか…何にしろ施設理念に近付いているのだろうと感じた。

少しの間ベンチに腰掛けてただ景色を眺めていた私たち。

それだけでもホッと心癒される時間だった。

時刻は昼頃、私たちはラ コリーナを後にして近江八幡の観光へと繰り出した。

この時間帯になると太陽も高くポカポカ陽気で、上着が必要無いくらい。

それだけで楽しい気分になるのは私だけだろうか。

約10分間の道のりを徒歩で行く。

近江八幡で有名な水郷巡りの受付場所を通過した。

大人ひとり2200円…私たちには少々高いし、そもそも要予約なので無理だ。

この日のような春日和に楽しめたなら、それはそれは素敵だろう。

私は昔家族でこのような船に乗った事がある。

滋賀県だったとハッキリ記憶しているが、其処が近江八幡だったかは定かでは無い。

しかし、本当に楽しかった。

暑い夏の日に船上は涼やかで、それでいて目にした光景からは情緒が溢れていた。

未だあの幼い時の記憶をありありと思い出すのだ。

本当に良い経験をさせてもらったと親に感謝する。

そんな思い出話をしながら歩いた。

途中下らない事も楽しくて親友ちゃんと笑い合いながらも、気が付くと閑静な住宅街を歩いていた。

道音痴2人、グーグルマップに頼る。

これは賢明な判断だ。

何せ私たちは土地勘のある地元でも迷子になれる猛者なのだ、土地勘皆無の場所をまともに目指せる筈がないと自負している。

グーグルマップを時折確認しながら散策。

人様のお家なので写真は無いけど、其処かしこのお庭で咲く花を見ているだけで楽しい。

それに、人で栄える観光地から外れた住宅街を歩くのはちょっとした冒険気分だった。

王道コースから外れているのか人気も無い。

しかし少し歩いていると味のある橋を見付けた。