【和歌山県】太平洋を一望できるかけ流し温泉・崎の湯が最高だった!

崎の湯の外観 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

ルームシェア相手の親友ちゃんと訪れたのは和歌山県。

強風に吹かれながら千畳敷の自然を楽しんだ私たちが次に訪れたのは崎の湯温泉だった。

一応、千畳敷の様子はコチラ

千畳敷から車で数分の所にある温泉で、太平洋の大海原を一望しながらかけ流しの湯を楽しめるスポットである!

訪れた時刻は16時を過ぎた頃、駐車場の規模は小ぢんまりとしていて情報としては10台駐車可能と記載されていたけれど、混雑していたこの日は約20台くらいがギュウギュウに駐車していた。

これもまた混雑時のみかもしれないけれど、崎の湯の入り口付近に誘導員さんがいるので指示に従えば問題ないだろう。

車から降りると、辺りはモクモクと上がる湯気と硫黄の香りが雰囲気を盛り上げていた。

写真上に写真撮影禁止のマークが映っているけれど、この写真は一応受付の方にお伺いして外観は写真撮影OKと確認を取ってから撮影したので悪しからず!

崎の湯の施設基本情報

・営業時間 4月1日~6月30日/9月1日~9月30日…8:00~18:00
      7月1日~8月31日…7:00~19:00
      10月1日~3月31日…8:00~17:00

・料金 500円(3歳以上)
    障がい者無料(介助者含む)

・休業日 毎週水曜日(祝祭日の場合は翌日休業)

先に記載しておくと、崎の湯には洗い場は無く石鹸やシャンプー等の使用も禁止されているので湯舟に浸かるのみの施設となっている。

入湯料は券売機で発券するシステムだ。

何だか味があってワクワクする雰囲気!

崎の湯記念タオルなる物も200円で販売されている様子。

銭湯や一般的な温泉施設とは違って番台的な役割の受付は温泉に隣接する形で駐車場に建っていたり、湯上りの休憩スペースなども無く代わりに自動販売機が設置されている。

また、スマホやカメラ類の持ち込みは厳禁で財布などの貴重品も車内で自己管理するか、100円の有料ロッカーに預ける事になっている。

私たちはロッカーを利用する事にした。

100円玉は返って来ないタイプのロッカーで、結構小さめなので本当にお財布とスマホとかだけを預ける事に。

こちらもレトロで味がある。

さて、肝心の温泉の外観はこんな感じ!